kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。

ユナイテッド航空のマイルを貯めてANA国内線特典航空券を獲得する


f:id:kinako_yuta:20160722082051j:image

BAだと色々得って話を書いたが今回はユナイテッド航空UA)のマイレージプラスの話。




BAよりも日本国内で貯めやすいマイレージプラス

BAの場合は日本国内でフライト以外で貯める手段はあまりなかったが、UAの場合は貯めやすい。
ホテル予約やクレジットカード(直接貯まるカードあり)、マイレージプラスモール(オンラインショッピング)で積算が可能だ。もちろんANAのフライトでも積算可能。以前紹介したフォートラベルのポイントからも変換可能だ。


マイル有効期限が実質無制限

BA同様に残高に増減があれば延長されるため、実質無制限だ。


片道交換可能、5000マイルでANA国内線特典航空券に交換可能

ANAでは国際線特典航空券は片道利用ができないが、マイレージプラスなら可能だ。日本国内線はANAより低額な5000マイルで交換できる。なお、BA同様に距離制で(5000マイルで交換できるのは区間マイルが800マイルまで)、東京那覇は距離的に利用できない。


距離内なら加算マイル無しで乗り継ぎ可能

ANAから取ると羽田那覇石垣は2区間分余計にマイルの支払が必要だが、マイレージプラスなら必要ない。


太平洋路線が25000マイルとお得

サモアタヒチクック諸島など他社では行きにくいオセアニアの目的地も特典で安く取れる。ただし、この方法は知れ渡りすぎてほぼ取れない模様。


家族以外も利用可能

日系のFFPでは二親等までしか使えないが、UAはおかまいなしだ。

サーチャージ不要

最近はサーチャージも安くなったのであまり気にならなくなっているが、ユナイテッドの特典はサーチャージ不要。


難点はコロコロ変わる規約

正直、UAは規約がコロコロ変わるため、常に一番お得とは言い難い。必要マイル数が大幅に増額されたりなんてことも…。ただ、FFPは世界的に改悪される方向に向かっているため、UAだけの問題ではない…とはいいつつあまり好い印象はないんだよなぁ…。



JALユーザーなら5つ目のFFPとして、ANAユーザーももっておいて損無し

JALユーザーでもANA利用の出張や、乗り継ぎで他社利用する機会があるが、この程度の大して貯まらないマイルはUAに貯めてしまいたい。他のポイントからの移行で延命していけば5つ目のFFP(JL, BA, IB, DL, UA)として活躍してくれるだろう。また、ANAユーザーの場合でもANAでは積算率がイマイチな国際線利用時はUAに貯めた方が有利なことも。また、そもそも3年ではマイルが使えるだけ貯まらないような乗り方をする人ならUAに貯めておけばいつかは使えるだろう。