kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。

山梨で信玄餅と白州蒸留所を楽しんできた

白州行ってきた。あと金精軒。

 

10時に行っても買えない水信玄餅

山梨土産としてとてもメジャーな信玄餅。販売する金精軒の店頭では、夏季の土日限定、店頭限定で水信玄餅ってのが売ってる(一時話題になった)。

これを食べるべく北杜市にある本店に向かったが…売り切れ!8時半頃には整理券が切れたそうだ。

以前、販売開始直後に行ったときは12時頃まであったようなので、シーズンの開始直後を見計らっていくのがよさそう(店内も混んでた)。

 

ちなみに、金精軒の信玄餅は生信玄餅ってのがあるので、こちらがおすすめ。違うメーカーの桔梗信玄餅のプレミアムもあるけど、あちらと食べ比べてみるのも面白い。

なお、立地的に車でないと行けないところにある。ツアーかレンタカーをおすすめする(水信玄餅狙いならレンタカー、マイカーしかない)。近くに日本酒の酒造もあるので、春~初夏ならこちらで試飲や買い付けもおすすめ。…なので本当はツアーをオススメしたいが…。

ついでにシャトレーゼ白州工場行ってきた

11時頃に並びはじめたけど 、30分待ちくらい。中では工場見学とアイスの食べ放題。

アイス食べ放題ということはお子様が山ほどいるので、とても寛げる状況ではない。覚悟して訪れた方がいいかも。酒が出るところの方が子供がいないかららくだなぁと感じた。

 

 

有料試飲もどんどんラインナップが減ってきた白州蒸留所

さて、以前も記事にした白州蒸留所へまた行ってきた。こちらは試飲するなら電車で行こう(シーズンの土日は小淵沢駅からシャトルバスあるよ)。

 

以前より蒸留所限定品は買いやすくなったものの、今回は響の17年と21年、山崎の12年18年、白州18年が売店にはなかった(もともとそれ以上の年数のは置いてない)。品切れなのか客層的に買われないのか…?

 

有料試飲の方は、蒸留所限定のものは山崎白州響の構成原酒とニューポットのみ。山崎25年は売り切れ!

どんどん世知辛くなる一方。次は新たなラインナップが補充されてるといいなぁ。

 


f:id:kinako_yuta:20160913155710j:image

まあ、食事ができるのが山崎と違う最大の利点。

 


f:id:kinako_yuta:20160913155814j:image

コンビニのカップ入り氷と炭酸水を買えばどこでもハイボールができることに気付いてしまった。