kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。

プラティパスのハイドレーションシステム用チューブを買った。

これで給水もバッチリや!

 

プラティパスの水筒にセットできるプラティパス ホーサー用のチューブ

 

 

Platypus(プラティパス) プラティパス 2  25601

Platypus(プラティパス) プラティパス 2 25601

 

 

 

Platypus(プラティパス) ドリンキングチューブキット  25045

Platypus(プラティパス) ドリンキングチューブキット 25045

 

 

 

登山での飲料水携行手段として定番となっているプラティパス。これにチューブを付けるだけでハイドレーションシステムになる。手持ちのプラティパスが無駄にならずに懐に優しい。

 

ただ、プラティパスホーサーと比べるとザック内のハイドレーションシステム用スペースに吊り下げるところが無い点は注意が必要だ。不安ならおとなしくホーサーを買った方が良いと思う。

 

 

Platypus(プラティパス) ホーサー 2.0L   25025

Platypus(プラティパス) ホーサー 2.0L 25025

 

 

ホーサーはこれ。とはいえ、ハイドレーションシステムに対応してないザックもあるわけだし、チューブだけあればいい気がする。

 

 

で、早速使ってみた。

 

…蓋側を下にして入れると、特に難しくなく水が飲める。ただ、この状態だと水の減りがわからないので、もう一つ容器を用意して、予備を作っておいた方が良いかもしれない。

 

吸うのにコツがいるみたいなことが言われるが、特にそんなことはなかった。強いて言えば、口のところが汚れたとき用にウエットティッシュもしくはアルコールは用意した方がいいかも(アルコールストーブのアルコールを消毒用にした)。

なお、水の味はやっぱり変わる。ちょっとケミカルなにおいがするので、気になる人は事前によく水を通しておいた方がよい。プラティパスのボトルはそんなことないので、ホース側の問題みたい。

 

 

いつでも飲めて、疲れにくい

疲れにくくなった気がするし、こりゃ便利。おすすめ。大した出費でもないし、とりあえずお試しで使ってみても良さそう。一応ペットボトルにもつけられる(漏れ等あるかもしれないので自己責任で。つまりプラティパスのキャップはペットボトルキャップで閉まる)。サントリーの天然水は駄目でした。キャップのサイズが違うみたい。

 

 

 

Platypus(プラティパス) ドリンキングチューブキット  25045

Platypus(プラティパス) ドリンキングチューブキット 25045