kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。

JALをLCCのように格安で利用しよう(5000円台からJALに乗る方法)

JALは高い?そんなことまったくないよ!

 

f:id:kinako_yuta:20161125093422j:plain

 

 

ブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラム「Executive Club」を利用して、JALをLCC並みの価格で利用する

この手法で、JAL国内線(羽田からだと大阪、札幌、福岡、鹿児島など。奄美や那覇はちょっと高くなる)が片道5000円台から利用できる。そのためには少しの準備が必要だ。

  

 

ブリティッシュエアウェイズのマイルは実質無期限で、しかも安くJALの特典が取れる

BA(ブリティッシュエアウェイズ)は近距離は片道4500Avios(マイルのこと)から日本の国内線、もしくは釜山へ特典交換ができてしまう。これを利用して安く乗ろう。さて、このAviosはどうやって確保するのか?

 

ブリティッシュエアウェイズのマイルは買える!

ブリティッシュエアウェイズのマイル(以下Avios)は、グルーポン→イベリア航空→ブリティッシュエアウェイズというルートを介して格安で購入することができる。どのくらいで買えるのか?というと、1Aviosあたり1.15円~1.4円程度で購入できる。 近距離線は片道4500Aviosだから、実質的な価格として5200~6000円程度になる。税として400円程度取られるが、それでも最安で5000円台で取れる。

冒頭で書いた「JALに5000円台で乗れる」というのはBAの特典を利用して、JALに乗るということだ。つまりマイルはたまらないが、LCCも同様であることを考えればまさにLCCの代わりになる(那覇は7500Aviosなので8000~9000円くらい)。

 

 

弱点としては、グルーポンで常に販売している訳ではないことと、ブリティッシュエアウェイズとイベリア航空ともにアカウント開設から90日以上経っており、なおかつどちらもAvios積算履歴が必要なこと。なので、僕はこれに加えてkaligoでの宿泊を組み合わせている。kaligoでBAに積算すれば、 Avios移行への 障害はなくなる(イベリアはグルーポンで購入すれば90日経過したその時点から移行可能)。

 

kaligoはBAやUAのマイルが効率的に貯まる宿泊予約サイト


kaligoってなんぞや?というと、シンガポールが本拠地のホテル予約サイト。宿泊料金は他のサイトよりも日本国内では割高だけど、海外ではHotels.comやexpediaなんかと変わらないこともある。同様にBAマイルが貯まるRocketmilesは高すぎるのに比べて、kaligoはかなり良心的な価格だ。

 

マイルはどのくらいで貯まるのか?といえば…先日の台湾旅行では二泊で26000円の支払いに対して5200Aviosが付いた。一回の旅行だけでもう片道乗れるだけのマイルが付いてしまうので、破壊力抜群だ。

 

日本国内だと還元率的にHotels.com(実質10%)の方が良いこともあるけど、BAマイルを積極的に貯めるならkaligoという選択肢はとても良い。ちなみに似たようなサイトにRocketmilesってのもあるんだけど、あちらはあまりにも高いのでkaligoの方がいい。

 

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

実際に乗った話。釜山行きも4500Avios。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 kaligoでのマイル付与率を検討した記事。とりあえずUAとBAどちらも検索しておいた方がいいかな。

 

 LCCと同程度の価格で乗れるなら、JALの方が圧倒的に便利

さて、以前LCCとJALの比較記事を書いたことがあった。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 この記事。とりあえず事前予約のウルトラ先得の方が場合によっては安いって話。

当時は9000円程度の運賃で比較したけど…とりあえずサービスの比較表作ってみた。LCC(ローコストキャリア)は国内線を運航しているピーチアビエーション、バニラエア、ジェットスター、 春秋航空について一覧にした。あとついでにスカイマーク。

 

f:id:kinako_yuta:20161130183208p:plain

こんなかんじなので、基本的に預け入れ手荷物があったり飛行機から早く出ないといけなかったりする場合にはJALの先得の方が安くなるのは当然として、ブリティッシュエアウェイズの特典を使うことを考えるとLCCの利点である安さはほとんど潰されてしまう上に機内サービスでも負けるという状況に陥る。なお、スカイマークもサービス面では負けておらず条件次第では選択肢に入ってきそうだ。

 

このように格安でJALに乗れるとLCCの存在意義がだいぶ怪しくなってくる。  春秋航空の737セールを活用したい場合やマイルを減らしたくない場合や、どうしても取れない場合に仕方なく使うような感じ?LCCでも片道5000円はいくからなぁ・・・。

連休や繁忙期はLCCの価格は跳ね上がるため、そもそも大手の事前割引運賃の方が安いということも多々あり…。

 

 

まとめると、ブリティッシュエアウェイズのマイルを使えば5000円台からJALを利用できる

 やりかたをまとめると

  1. ブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空のマイレージプログラムにそれぞれ加入(3ヶ月経過しないとマイルを移行できないため早めに準備)
  2. kaligoでブリティッシュエアウェイズのマイルを積算し、ブリティッシュエアウェイズへのマイル移行を可能にしておく
  3. グルーポンのスペインサイトでイベリア航空のマイル(Avios)を購入する
  4. イベリア航空からブリティッシュエアウェイズへ移行
  5. ブリティッシュエアウェイズでJAL国内線特典航空券を獲得 

という流れになるかな。

 

とまあこんなかんじ。UAでも同じかんじだと思うから、ANA派はそっちの方がいいかも(誰か書いて)。