kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。

鹿児島で自転車を借りよう。旅行者でも現金で手軽に使えるかごりんを使ってみた

鹿児島でサイクルシェアシステム、かごりんを使ってみた。現金払でも大丈夫、しかも手軽に使える!

 

f:id:kinako_yuta:20170409203814p:plain

 

 
公式ホームページ 鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」

 

 

かごりんで鹿児島市の繁華街を移動する


公式ホームページ 鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」

かごりんは自転車のシェアリングシステム。

ポートとよばれるところで自転車を借りて、他のポートで返却することができるレンタサイクルよりも柔軟なシステムになってるよ。

都内でも千代田区のちよくるをはじめとした広域サイクルシェアシステムがあったり、あとは金沢なんかもやってる。こういったものと比較してもかごりんは便利なのでおすすめしたい。


f:id:kinako_yuta:20170409201628j:image

かごりんはこんなかんじ。ちゃんとポートにがっちり固定されるタイプ。満車でも返却の手続きをすれば返却可能なのが安心(パリのヴェリヴみたいに空きポートを探し回らなくても大丈夫!)。

 

 

短時間利用の現金払いにも対応した旅行者フレンドリーなかごりん

かごりんは誰でも使いやすくできていてとても良い。

たとえば千代田区のちよくるは1dayパスがあるとは言っても借りられるところが限られているため、観光客には「どこでも借りてどこでも返却できる」「短時間利用で安い」といったメリットが享受しにくかった(おそらく今後もっと色々な形態に対応するとは思う)。これに対してかごりんは観光客の短時間の利用でもかんたんに利用できるようになっていて、旅行者に優しいしくみ。
f:id:kinako_yuta:20170409201700j:image

券売機。支払いは電子マネー(WAONとnanaco)、クレジットカードのほかには現金(100円硬貨のみ)が使用可能。旅行者にもつかいやすい。

 

利用の流れ

1回だけの利用で現金払いで使ってみたけど、使用の流れとしては自分の携帯番号入力→SMSで送られてきたパスワードを端末に入力→支払い(200円)→自転車を選択→解錠。

自転車利用後はポートに突っ込んでポートの端末で返却を選択→自分の携帯番号を入力→精算(30分以内のため不要だった)→施錠という流れ。

 

特に意識することもなく案内に従えばかんたんに借りられるので、観光で使うのにもとても便利。借りたポートと別のポートで返却ができるので、片道は自転車、片道は路面電車といった柔軟な使い道に対応できるのがうれしいところ。もちろん鹿児島在住ならよりメリットがある。

 

また鹿児島市内は歩道に自転車用の道が整備されているところもあり、わりと走りやすいのも観光客にとってはありがたいなぁと思った。

料金

f:id:kinako_yuta:20170409203849p:plain

料金体系。時間貸しの場合はクレジットカードのみとなっているんだけど、1日料金が200円、30分以内なら無料ってことで時間貸しの存在意義が良く分からない。普通に1日会員で借りた方がいいと思う。

f:id:kinako_yuta:20170409204018p:plain

公式ホームページには今何台の自転車がポートにあるかが表示されていて親切。

 


f:id:kinako_yuta:20170409201718j:image

自転車。

3段変速になってる。電動アシスト機能は無いのでその点は注意が必要かな。

 

 まとめ:鹿児島市内観光にとても便利

とまあこんなかんじ。今まで使ったサイクルシェアシステムとしては一番優秀だった。欲を言えばちよくるみたいに電動アシストつきがいいって気持ちはなくはないけど、さすがに贅沢かな?

 

かごりんのいいところをまとめると、

  • 登録が簡単
  • 現金払い可能
  • 30分までの利用なら無料、一度返却して再度借りれば200円/1日だけで利用できる
  • 違うポートに返却可能

といったところ。うまく利用して快適な鹿児島観光を。