kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。

(たぶん)最強スマホ、Galaxy Note8を買った。(開封編) Galaxy note8レビュー

Galaxy note8買いました。

 (海外版のため技適がありません。よいこのみんなは海外旅行時に使いましょう、と一応)

 

 

Galaxy note 8とは?最強スマホのスペックをチェック

どんな感じかみていく。

www.galaxymobile.jp

6.3インチの大画面


画面は6.3インチの大画面。しかしiPhone7Plusよりも横幅は狭くて持ちやすくなっている。普通に片手でも使えるかんじ。また、Galaxy S8と同様のInfinity Displayで狭額縁。また、Noteシリーズはマルチタスクに力を入れているけど、Note8も同様。
画面に関しては有機ELを生かしたAlways On Display機能なんてのもある(設定した情報を画面上に常に表示しておく機能)。

 f:id:kinako_yuta:20170918200950j:image

XperiaXZとの比較。マジ画面がでかい。でも本体の幅はXZとほとんど変わらないため持ちやすい。

 

Sペン搭載


筆圧感知機能付きのペンであるSペンが内蔵されている。筆圧検知はNote7同様。Sペンの使い道は決してお絵かきやメモだけではなくて、スマート選択(スクリーンショットみたいだけど、必要な部分だけを簡単に切出したり、動画を切出したりできる機能)、スクリーンショットへすぐ書き込みができるとか、ルーペ、翻訳、さらにはスクロールキャプチャといった機能があり、スマートフォン上でのブログ作成や画像編集、情報収集といったことがやりやすくなっている。
S-penの性能自体はNote7と変わらないものの、細かい部分がブラッシュアップされている。

 
f:id:kinako_yuta:20170918201129j:image

Sペンの使いやすさは相変わらず。

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

デュアルカメラ搭載


Note8ではNoteシリーズとしては初めてのデュアルカメラ機となった。2台のカメラは異なる焦点距離を持ち、疑似的な光学ズームやライブフォーカスといった機能が使用可能。2台のカメラはどちらも光学式手振れ補正がついているのもよい。

ちなみに今回は日本国内のSIM入れてもシャッター音は鳴らない模様。さすがに国内版はなるだろうけど。

 

ハイパフォーマンス


GalaxyのフラッグシップであるNote8は動作も当然高速。最新のプロセッサ(国により異なる)と、6GBのRAMでサクサク。しかも防水。

 

まあカメラとSペン以外は文章にするよりも、使っていて心地いい機能でしかないので、これ以上は触れません。スペックも同様。
正直各メディアの記事を見てもらった方がまとまってるしいいです。


Galaxy note 8 の開封レビュー

 

 

箱を開けるとまずは鎮座するNote8,

付属品。変換コネクタ、電源タップ、イヤホン、ケーブル。

本体。てっかてか。

裏面もてっかてか。

S-ペン。Note7と同様にペン側にノック機構(ボールペンのペン先出したりしまったりするときカチカチやるあれ)がついていて、押し込むと引き出せるようになっている。ペン先が引っ込んだりするわけではない。

 

イヤホンジャックがちゃんとついてる。


f:id:kinako_yuta:20170918201203j:image

 SDカードと2枚目のSIMは排他になっているため、どちらかしか使えない。ぼくはmicroSDを使うことにした。

このトレー、ちょっと使いにくくて最初うまく入れられなかった。何度もSIMを入れ替えたりしたい場合難儀するかも。

 

 

というかんじ。使い心地は数回にわたってお届けする予定。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

 左側に付いてる意味ないボタンに機能を割り振る方法。

 

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

 関連記事。

 Amazonでもいろいろ出てるみたい。

ただ、カバーに関してはこれ↓がおすすめ。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

 ちなみに先代はこんな目に遭いました。