kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。

Galaxy note8を購入した(手配編)輸入とか


まだ日本では発売されていないGalaxy note8。どうにかして買うには?というところで。

 

 

 

実際開封してみたところはこんな感じ。

 
(たぶん)最強スマホ、Galaxy Note8を買った。(開封編) Galaxy note8レビュー - kinakoの便所の落書き

 

海外スマホの購入方法

購入するにはいくつかの手段があるよ。

 

現地で購入する


すでに販売されている地域で購入するという手がある。もしくは友人に依頼する等。

 

 

メリット

  • 確実に新品が手に入る
  • 定価
  • 基本的に店売りのものは何でも買える

デメリット

  • 決済手段が限られる
  • サポートが不安
  • リージョンロックの問題
  • 自分で購入する場合、現地までの交通費と時間がかかる
  • 在庫


後述する業者の場合、確実に新品か?と言われると疑問が残る業者があるけど、現地で購入するなら大丈夫(もちろん中古を狙って購入可能)。
しかし、現地では確実に在庫があるわけではないことや、決済手段が限られること(分割にしたい場合、後から分割に変更が可能なカードを使おう)、サポート自体が受けにくいことがある(また行かないといけないし…)。また、サムスン端末はリージョンロックがかかっていることがあり(欧州版)、そのままでは日本のSIMでは使用開始ができない可能性もあるため、ハードルは高め。また、初期不良に当たった場合、その場で動作確認しておかないと面倒なことになる。

 

日本国内のSIMフリー機取扱店で購入する

 

メリット

  • 不具合があっても返品が可能
  • 日本語で購入できる

デメリット

  • 高い
  • 在庫があるとは限らない


イオシスやじゃんぱらといった日本国内のSIMフリー機取扱店で購入する場合、当然手数料等がのっかているため購入金額としては少し高めになる。ただし、不具合があってもその場で確認ができることや、日本語でやり取りができることは利点となる。

 

輸入する(業者経由)

 

メリット

  • 比較的早く購入できる
  • 在庫のあるなしがわかる
  • 日本語対応があるところも

デメリット

  • 新品とは限らない
  • 日本国の消費税が到着時にかかる
  • 初期不良時の対応が面倒
  • そもそも取扱商品しか購入できない


海外のSIMフリー機を扱っている業者があり、これらを利用することで海外の携帯電話を購入することが可能だ。
業者はいくつかあるけど、個人的にはいつもexpansysを使っている。変なものが来たこともないし、対応も割と丁寧。
あとは最近はEtorenというところもいいみたい。
Expansysの場合、商品受け取り時に日本の消費税の支払いが必要となる。消費税額の計算は購入単価×0.6×1.08で、だいたいの金額は事前に予想可能。準備しておこう。
ただ、初期不良の時はとにかく面倒なので、当たらないことを祈るしかない。

 

 
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品 - EXPANSYS 日本


実際に輸入した


今回はExpansysを利用して購入した。本体は開封されており、初期不良がないかどうかの確認はされているみたい。まあありがたいと言えばありがたい。
で、配送はヤマトを利用した。ヤマトの場合、配送には2~4日、Fedexの場合は1~2営業日となっている。
ここが微妙な罠で、土日をはさむ場合はヤマトの方が早く来る。今回は15日夜発送の17日(日曜)到着となったので、ヤマトで正解だった。

関税は無税だけど消費税がかかり、今回は5500円。ヤマトの場合受け取り時に支払いが必要だけど、これは現金のみの取り扱いとなる(Fedexは後日支払)。

 


f:id:kinako_yuta:20170919142930j:image

こんなかんじ。発送まではちょっとやきもきしたけど、その後はスムーズ。

 

ちなみにどの方式を使用しても、Galaxy note8に関しては日本国内で使用するための技適がないことに注意が必要(やってきたのは台湾版)。
合法的に利用するには海外での利用、日本国内での発売を待つのが賢明…だけど、スマホによっては技適がある状態で売られていることもあるので、そういう場合にはこんな手も役に立つかな?