kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

オスロで自転車を利用する。サイクルシェアシステム「bysykkel」

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

オスロでチャリを使いました。

 

 

 オスロのサイクルシェアシステム「bysykkel」

サイクルシェアシステムはポート間での乗り捨て利用ができるレンタサイクルシステム。通常のレンタサイクルよりも片道利用や短時間利用に向いている。
オスロにもシェアサイクルシステムがある。「bysykkel」ってやつ。
ただ、オスロのものはお国柄というか…気候的な問題というか…春から秋しかシェアサイクルの運用がない。冬は寒いし路面凍結するもんね…。
だいたい4月~12月ごろ利用ができる。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 マドリードでも似たようなものを使った。ただオスロのチャリはアシストはなし。

使い方


借り方は他国とほぼ同様で、ターミナルorスマホで操作→自転車側を操作→ロック解除→利用→ポートにロックして返却、という流れ。
1日券が49ノルウェークローネ(NOK)で、1回あたり60分まで利用できるようになっている(その範囲内なら何度でも利用可能)。
支払いはVISAとMASTERのみ。


支払等は事前にスマホで済ませておくのが便利。
というか、ほぼすべてアプリで完結できるので、天気の様子を見て使えそうなら空港からの電車内で準備をしておくといいかも。SMSの受信が必要なので、受けられるようにしておく必要あり(なので、日本国内で準備だけして、ローミングして空港アクセス鉄道Flytoget内のWi-Fiでやるといいかな)。


f:id:kinako_yuta:20190818202129j:image

アプリの画面。かなりわかりやすいので、特に迷う箇所はないです。というか、この利用感でわからないところがあったらチャリ乗るのはやめましょう。

 

まとめ:滞在時間が短い人ほど便利な自転車。市内を楽しもう


というわけで、移動速度を上げることができる自転車はとても便利。使えるなら使った方が楽だとおもいます。
特にぼくのように弾丸でやってきた場合、歩きで変に体力を使うよりも自転車でサクッと回った方が楽なのは間違いないです。はい。

注意事項


ぼくが渡航した国の中では自転車フレンドリーな環境だと感じたけど、北欧の他国と比べるとまだまだらしいので運転には十分注意。
もちろん飲酒運転等はしないように。
なお、地球の歩き方のブログ(在住者のブログ)によればポートが壊れていたり、自転車が壊れていることもあるようなので借りる前にチェックを。

 

 

晴れてるととてもきもちいいです。おすすめ。