kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。3日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Explorist。訪問国数:23ヶ国25地域

銀座のマリオット系3ホテル比較(コートヤード銀座東武ホテル・ACホテルバイマリオット東京銀座・アロフト東京銀座)

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

f:id:kinako_yuta:20201228202605j:image

東銀座駅前にはマリオット系ホテルが3つ並んでいる。3つとも泊まったので比較してみる。

 

 

マリオット系・銀座ホテル3種(コートヤード銀座東武ホテル・ACホテルバイマリオット東京銀座・アロフト東京銀座)

 

東銀座駅前にはマリオット系の低価格ホテルである

  • コートヤード銀座東武ホテル
  • ACホテル東京銀座
  • アロフト東京銀座

の3つが並んで建っている。

それぞれについて比較していく。

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

 アクセス

並んで建っているためアクセス面ではどれも大差ないものの、アロフトが最も駅に近い。また、タクシー利用の場合はコートヤードの前は停まりやすくなっている。

新しさ

ホテルの新しさとしてはACホテルとアロフトは2020年開業で、ダントツで新しいホテルとなっている。

コートヤード銀座東武ホテルは2007年開業。ACホテルとアロフトは当然ピカピカだけど、銀座東武ホテルもきれいなホテル。ただ、世代の違い?による客室構造の違いが感じられるかも(悪い意味ではない)。

 

雰囲気

各ホテルの雰囲気はブランドの違いもあり結構異なっている。

コートヤード銀座東武ホテル

落ち着いた内装の日本的なビジネスホテル~シティホテル。

客層も落ち着いている。ビジネスマン~高年齢向け

ACホテルバイマリオット東京銀座

最新のデザインでスタイリッシュ、しかし木目調で落ち着いた雰囲気。万人受けする

アロフト東京銀座

奇抜なデザインで若者向け。ルーフトップバーもあり、かなり尖っている。アクティブな人向け。

 

サービス・施設

 ルームサービス対応はこの中だとコートヤードのみ。

フィットネスは全ホテルあり。

レストランはすべてのホテルにあり。

 

 価格

価格は現状のコロナ禍の中では銀座東武ホテルのみ飛び抜けて安く1万円台~。

ACホテル、アロフトは2万円台。

どこがいいか?

どこがいいか?となると、まあ完全に好みの問題。

ぼくの目線だとアロフトは客層、内装ともに落ち着かない(モクシーより落ち着かない!)ので、ACホテルやコートヤードがおすすめになってしまうかな。

しかしルーフトップバーがあるアロフトは独特の雰囲気で面白さがあるし、ACホテルは落ち着いた内装にスペイン料理レストランがあって、結構良い。

コートヤードは和食レストランやバー(休業中だけど…)もしっかりあり、多彩な需要に答えられる感じ。

まあ、好みですこの辺は。個人的に応援したいのはACホテルだけど、コスパで言えばコートヤードが一番良いかな。

 

まあそんなところ。