kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB。訪問国数:23ヶ国25地域

エールフランス搭乗によるアコーホテルズとフライングブルー(エールフランスKLM)のMiles+Pointsでのフライト実績付与&宿泊履歴追加

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

f:id:kinako_yuta:20190625113257j:plain

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 


以前書いたMiles+Pointsについて。

 

 

 

 

フライングブルーに積算したので、アコーの宿泊実績が付いた

 

以前の記事ではアコーホテルズへの宿泊でフライングブルーのマイルが付いた+初回のXP(ステータスポイント)・宿泊履歴が付いた、という話でした。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 


今回はエールフランスへの搭乗でアコーのポイント、また初回の宿泊履歴とXPが付与されたという話。Miles+Pointsに登録して宿泊、搭乗するとそれぞれ初回に限り5XPと1泊(合計10XPと2泊)がつくというもの。

今回はエールフランスの欧州内ビジネスを利用。で、無事初回の5XPが付いた。↓


f:id:kinako_yuta:20190823184604j:image

これがフライングブルーの方。


f:id:kinako_yuta:20190823184542j:image

また、アコー側にも宿泊の履歴が付与された。0-0になっているけど。

また、同時にアコー側にポイントが積算されている。54ポイント。…54ポイント?

 

というのも、今回の航空券は日欧区間がJAL、欧州内区間がエールフランスというJALユーザーにはありがちな航空券。


エールフランスのマイル積算は決済額基準なんだけど、この買い方だと個々の区間のお値段がわからないわけです。

 

規約を見返してみると…Miles+Pointsでは2ユーロの決済で1ポイント相当となっている。つまり、108ユーロの航空券である、とみなされている模様。
なお、エールフランスの方を見てみると432マイル。Explorer会員(平)の場合1ユーロ4マイルだそうなので4で割ると…108ユーロ
この区間のエールフランス的な販売価格は108ユーロってことになるんでしょうか。やっす。
(この航空券はJALの某国発日本行き、帰路はオスロ。なので、エールフランスの区間はCDG-OSLの1区間のみ)。


この区間をJMBへ積算するとどうなるか&損得を考える

JALとエールフランスはマイレージ提携をしているため、エールフランス便はJALマイルを積算することができる(ただしステータス基準には寄与しない)。
この区間はZクラス利用。区間マイルは845マイル。Zクラスは125%なので、JMBに積算した場合、1056マイルが付くことになる。

で、エールフランスの場合、この区間は特典交換すると片道7500マイル。日本国内線はあまりに損なので、今回はこちらで計算。
有償で購入した場合(実際に往復で検索)、片道2000~1万円程度ってところ。
フレックス料金で1万円なので、頑張っても1マイル1.5円を超える使い方は難しそう(そもそもマイルをそこまで貯めるのも難しい)。
マイル単価は甘く見積もって1.5円にしとく。
で、アコーのポイントは2000ポイントで40ユーロ=4800円。1ポイント2.4円。
今回の場合、432×1.5+54×2.4=778円相当のマイルとポイントということになる。

JAL積算の場合は、1056マイルをeJALポイントへの交換と仮定して1マイル1.5円とすると1584円相当

…このオスロ線に限ってはJALに積算した方が2倍程度お得という結果になってしまった。


仮にエールフランスのマイル価値をもっと高く見積もってもJALマイルの価値を超えるには1マイルあたり3.36円もの価値が必要になってしまうため、あまりにも…なかんじ。
今回は人柱として色々と試してみたけど、ステータスポイント積算にこだわらない場合、欧州内区間がビジネスクラス相当であればJALに積算する方がお得なのでは?という感じ。もちろんもっと短距離であればエールフランスの方が良いかもしれないけど…。
ということで考えてみる。

 

エールフランス欧州内ビジネスクラス・JMBとフライングブルーの損得計算


仮に、日欧間がJLビジネスクラス、欧州内区間がエールフランスビジネスクラスであり、かつ今回と同様に108ユーロで計算されている、と仮定する(なので、変動するのはJMBへの積算基準の区間マイルのみ)。

 

どの辺が損益分岐点かと考えると…JAL積算時にマイル単価が778円を下回る=778/1.25/1.5の区間マイルであるところ。
これが415マイル
これに近い区間マイルを持つ地点は…ミラノ(387)ミュンヘン(425)ハノーヴァー(393)ジェノバ(436)ニューキャッスル(454)あたり。


これらの円の内側であればエールフランスへ積算、そうでなければJALへ積算がお得、ってところになるんでしょうか(欧州内区間がエールフランス便名である場合+Zクラスの場合)。


ただ、エールフランスのマイル価値をかなり甘く見積もっているので、そこのところが微妙かも。


また、エールフランス&アコーどちらもメインで利用していない場合、ポイント失効の恐れもあるから…うーん。

日欧間がJLのAF欧州内ビジネスクラスの場合、基本的にJALユーザーなら普通にJALに積算した方がいいかもしれない。

 

時と場合によりますね


これが低い予約クラスである場合(日欧間はSクラスとか)、JALには積算率が低い運賃もありえる。そういう場合はまあエールフランスに付けるといいのかな。
少なくとも日欧間がJALのエールフランス欧州内ビジネスであれば、JALに付ける方が良い気がする。とまあ誰得な話でした。