kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

【乗車記】東海道新幹線のぞみグリーン車と、新型コロナウイルスと旅行について思うこと

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


f:id:kinako_yuta:20200802112504j:image

また新幹線。

 

 

東海道新幹線・グリーン車

名古屋からの戻りは東海道新幹線。(↓これらのつづき)

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

 

正直乗りたくないんだけど、名古屋東京は使わざるを得ない。


f:id:kinako_yuta:20200802112514j:image

グリーン。コロナの影響でガラガラ。


f:id:kinako_yuta:20200802112530j:image

一応座席撮ったけど、いうことはあんまりないっすね。特にサービスはないとはいえ、グリーンならそれなりに快適。

選択肢がない中ではまあ、グリーンを使うのが楽で良いかなとはおもいます。

 

 コロナ禍の中での旅行の話

往路は飛行機、復路は鉄道を利用した。

コロナ禍の中でどちらがより安全か?というのは正直難しいところ。

 

ぼくの場合は航空機の多頻度旅客であるため、航空機を乗り支えた方が将来的に得であるかなと考えて、できる限り航空機利用にしていきたいかなというかんじ。まあこの辺は個人の感性かな。

 

  • 航空機は移動時間が短いが、座席の間隔が狭く密になりやすい
  • 鉄道は移動時間が長いが乗車率が総じて低く、密にはなりにくい
  • 航空機は主要駅での滞在時間が短いため、接触人数は少な目
  • 鉄道は主要駅での滞在時間が長くなりがちで(新幹線の入線待ち等)、接触人数が多め

ってかんじ?

 

 

まあ大して変わらないとは思うけど、どちらにせよ十分に気をつけて旅行すればリスクは十分に低くなるんじゃないかなと判断している。そのため、この旅行以降は感染症対策をした上で旅行の頻度を上げている。

 

まあ、何にせよ旅行業界が死ぬと困るのは我々だし、観光業が死ぬと巡り巡って我々の勤めている会社も大ダメージを受けるので、十分に気をつけて旅行を盛り上げていきたいですね。

せっかく国もGoToである意味お墨付きをくれているわけなので…。