kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Titanium, accor-Gold,IHG-PLTAMB。訪問国数:22

Shure SE215 Special Editionのワイヤレス版イヤホンを購入した

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

以前の記事で書いたAnkerのイヤホンがダメだったので、新たに購入したのがこちらの製品。

 

 

 

 

 

ShureのイヤホンSE215 Special Editionのワイヤレス版

 

Ankerのやつがダメだったので買い直し。

kinako-yuta.hatenablog.jp

これですね。接続がぶちぶち切れて都内では使えなかった。で、新たに購入したのが↓。

 

 

今回購入したのがShureのSE215 Special Edition(以下SE215SE)のワイヤレス版。SE215SEはだいたい1万くらいで買えるイヤホンなんだけど、それにMMCX接続のイヤホンをBluetoothワイヤレスイヤホン化するBT-1を標準で接続した状態で売られているのがこちら。

 

なお、新しく買う場合、何故か有線接続のSE215SE+別途BT1よりも、最初からワイヤレス版を買った方が安い。有線化を考えている場合でもワイヤレス版の購入をおすすめ(純正品を買うにしても別途ケーブルを買った方が安いという謎仕様)。

 

良いところ

 これはまあ大体期待通りでした。

バッテリー持ちが案外良い

 バッテリーは公称で最大8時間。流し続けるってことはあんまないと思うので、だいたい国際線1フライトくらいはなんとかなるのかな。まあ再生し続ければ欧米線は駄目だけど…。

なお残量は英語音声で起動時にお知らせしてくれる。

 

MMCXケーブルを変えれば有線イヤホンへ化ける

 個人的にいちばん重要なのがこれで、SE215はMMCX接続のケーブルへ交換ができる。なので、有線で使いたければ交換すれば使える。バッテリーが切れたら有線で…って使い方も一応可能。

 


落としにくい


個人的に大きいのはこれで、SE215SEワイヤレス版には服に挟むためのクリップがついていて、バッテリー部分を襟の部分に留めることができる。また、そもそも重量があるイヤーピース部分同士がケーブルでつながった形状をしているため、寝てる間に外れてしまってもどっかにいっちゃうということは起こりにくい形状をしている。

 

悪いところ

まあ、弱点もある。


完全にケーブルから解き放たれるわけではない


左右のイヤホン同士はケーブルで接続されているため、ケーブルがなくなるわけじゃないのは弱点。ただスマホとイヤホンの位置関係の自由度は上昇するので、利便性が全くないってわけでもない。

 

バッテリーが切れたら終わり


当たり前なんだけど、バッテリーが切れたら終わり。充電はmicroUSBなんだけど、若干のめんどくささはある。まあ仕方ないかなぁ。

 

まとめ:ワイヤレス化に二の足を踏んでいる人にはお勧め

ワイヤレスってどうしてもバッテリーの問題とか接続の問題があって抵抗がある人もいると思うんだけど(ぼくが正にこれ)、このイヤホンはそういう人向けな感じ。左右繋がったタイプとしては個人的には一番潰しが効いていいんじゃないかなと思う。
逆にワイヤレス化に一切抵抗がない人であれば、もっといいイヤホンはあると思う。利便性でいえばZolo Libertyはよかったんですよ、接続の問題がなければ。
ケーブルでつながれているのはまあ何とも中途半端な感じはするので、ちょっと興味あるけど…みたいな人にはちょうどいいとおもいます。満足。