kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

【寄稿】定山渓・森の謌と豊平峡温泉を日帰り入浴して比較した

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


f:id:kinako_yuta:20181211193017j:image

ちょっと新しい試みとして、人の感想を載せてみることにしてみた。
今回のライターはWithmeさん(ぼくのリアルの友人、タクシー記事で炎上したマン)。
今回は札幌近郊にある定山渓と豊平峡温泉に日帰り温泉で行ったそうなので、それについて。

 

 


定山渓・森の謌と豊平峡温泉の基本情報

まずはそれぞれの基本情報。

 

定山渓のリゾートスパ、森の謌


【公式】定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌|北海道定山渓温泉ホテル

森の詩(もりのうた)はスパリゾートホテル。

日帰り温泉施設としての利用が可能。


ランチブッフェ、タオル付き3000円(冬場はスノーシューとのセットプランあり)、宿泊あり(というかホテルの日帰り入浴)。


f:id:kinako_yuta:20181211192437j:image

ホテルなので、施設的には良い。

 

森の謌へのアクセス

地下鉄真駒内駅から無料バスあり、予約制

豊平峡温泉

http://www.hoheikyo.co.jp/sp/
トップページ | 豊平峡

こちらは純粋な温泉。キャンプシーズンにはキャンプもできるけど、この時期はむりですね。

入浴 1000円+食事


f:id:kinako_yuta:20181211192507j:image

北海道らしい景色が見られる。

豊平峡温泉へのアクセス

真駒内駅から無料バスあり、非予約制

 

アクセス面では大差はないが、完全予約制の森の謌の方が確実に行ける。豊平峡温泉はバスが満員になるとそれ以降は他の交通機関になるのがデメリット(ただしそうなったことは一度もない)。ただし、予約制ではないため思い立ったらすぐ行くことができる。


食事


森の謌はランチブッフェ。特別メニューの時もあるほか、種類はそれなりに豊富で好き嫌いがあっても問題ないラインナップ。
豊平峡温泉はインドカレーなため、カレーが苦手だと厳しい(そば、ジンギスカンもあるよ)。


f:id:kinako_yuta:20181211192552j:image

なおカレーはおいしい。Withme曰く「カレー食え!」だそうな。

 

それぞれの特徴、まとめ

だいたいの特徴やWithmeさんの感想をまとめたよ。

 

上質なスパリゾートの森の詩。1泊したい


森の詩は北海道にスパリゾートをそのまま持ってきて、北海道風にアレンジしたイメージ。基本的になんでもあるし、お風呂の種類もそれなりにある。落ち着くラウンジや混みすぎていないビュッフェスタイルでのランチなどかなりいい感じ。また、ランチはそれなりに北海道らしいメニューがあるのも良い。ただ、札幌ならでは!という感じではない。


誰が訪問しても落ち着く、家族でも楽しめる万人受けのリゾートかな?。ホテル宿泊をすればシガーバーや各種生演奏といった大人の時間を過ごすこともできるようで、カップル利用にも合っている。ただし宿泊費はかなり高め。
道内からの訪問や、普段ラグジュアリーホテルに泊まる人向けで、そのまま一泊するのが良いかんじ。


f:id:kinako_yuta:20181211192617j:image

バーもある。

 

温泉自体を楽しむなら豊平峡


豊平峡温泉は、基本的には何もないため温泉に浸かるだけ。ただ、広々とした露天風呂で北海道の大自然、季節の移り変わりをそのまま感じられる空間と、濃い鉄泉が魅力。食事がなぜかインドカレー(うまい)。いい意味で雑になれる空間で、唯一無二の施設かな。
北海道外からわざわざ行くならこちらを選ぶ


f:id:kinako_yuta:20181211192647j:image

確かに北海道らしさはある。

 

【編集後記】

というわけで人の感想を記事にしてみた。本人的には「札幌市民なら森の詩、そうでないなら豊平峡」だそうな。
どちらも行ってみたいけど、Withmeいわく「ぼくは森の詩の方が好きそう」とのこと。確かに何もしないでいる空間が苦手な上になんで温泉でインドカレーなんや感とか、豊平峡温泉はちょっとちぐはぐな印象がぼくには気になってしまうかもしれない。ぼくが行くならレンタカーかな(送迎バスがあるとはいえ、バスに時間を縛られたくない)。まあ皆様も参考にどうぞ。