kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

オクトーバーフェストに参加した。秋のミュンヘンで最高のビール体験

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

オクトーバーフェスト(ミュンヘン)へ行ってきた。最高ですね。


f:id:kinako_yuta:20180925114043j:image

 

 

ビール党には絶対外せないアルコールイベント・オクトーバーフェストとは?


まあググってもらえばわかるけど、簡単に言うと…


オクトーバーフェストは9月の下旬から10月の上旬にかけてミュンヘンで開催されるビール祭り。ひたすらビールを飲む(会場は遊園地みたいになってるけど、回転系遊具ばかりあるのがまた…)という痛風絶対発症させるマン、ビール大好きなドイツ人らしいやべーお祭り。日本でもやってるけど、どこがオクトーバー…?な日程なのと違い、ちゃんと(だいたい)オクトーバー。2018年は9月22日から10月7日まで(ちなみにオクトーバーフェストは1810年、バイエルン王国の王太子ルートヴィヒとテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの結婚を祝うために開催された競馬が起源だそうな。その翌年から毎年開催ってやばない?)。
出ることができる醸造所は6つの決められた醸造所のみ、出てくるビールは固定(アルコール度数が少し高めのオクトーバーフェスト用ビール、ただし会期直前あたりから瓶ビールが購入可能。フェストビール以外も飲めるテントもあり)。今回はこれに参加したので、注意事項等。

 

ホテルはとにかく早めにおさえる、なんなら翌年分を先に取ってしまおう

オクトーバーフェスト期間中はとにかくミュンヘンの宿は馬鹿みたいに高い。1泊3万円~なのは当たり前。特に初日はやばい。6か月前でもかなり高かったので、行くつもりがある場合は先に予約変更可能な料金でおさえてしまうことをおすすめする。
今回はポイントを使ってウェスティンを安めにおさえることができたので、各ホテルチェーンのポイントを集めておくのも手かな。
また、場合によってはちょっと遠めの街で宿泊するという手もあり。

なお直前に隣の街で1万円程度の宿も出ていたそうなので、遠い街になってしまっても最後まであきらめなければなんとかなるかな?なので変更可能な料金で押さえとくのがいいですね。


スリや犯罪、テロに注意


ヨーロッパ中のスリが出稼ぎにやってくるそうなので、身の回りには十分注意が必要。また、期間中の安全については在ミュンヘン日本国総領事館からも注意のメールが来た(たびレジの登録も忘れずに!)。

 

それによれば昨年の会期中の犯罪は

  • 強盗8件
  • 傷害332件
  • 性犯罪69件
  • すり201件

だそうな。盗難だけじゃなくて傷害も多いんすね。

また、メールを引用すると

 

2 来場時の安全対策
 当局発表によりますと、昨年に引き続き、本年も、次のように会場警備が強化されます。
○ 会場出入口における出入管理と荷物検査
○ 大きな荷物(3リットル、20×15×10センチメールまで)、動物、ガラス瓶、スプレー缶、その他危険物の持込禁止

 オクトーバーフェストのように、不特定多数の来場が見込まれる大規模イベントは、テロや一般犯罪の標的となるおそれがありますので、いつも以上に特別な注意を払う必要があります。
○ 「ここは日本ではない」ということを再認識する。
○ 最新の情報を確認する。
○ 多額の現金・貴重品を持ち歩かない。
○ 目立つ服装・行動を避ける。
○ 周囲の状況に注意を払い、不審者や不審物を見かけたら直ちにその場を離れる

 

というわけで、実際どうするかというと

  • たびレジに登録して最新情報を入手
  • 財布の取り扱いには注意
  • 目立たないように(肌の露出、派手な格好は避ける)
  • おかしいな?と思ったらその場を離れる

 

ということが必要かなとおもいます。

財布は尻ポケットに突っ込んだりすることがないようにし、酔い過ぎないように。また、夕方以降は泥酔者が増えるので早めに切り上げるのも手。○○を引っ掛けられる…なんてこともあるらしい。オエー!

 

意外に寒いから服装には気をつけよう

テント内は暖かいので問題ないけど、表は案外寒かった。最低気温は10℃を下回ることもある季節なので、防寒用に羽織るものは持って行った方がいいかな。また、ミュンヘン中央駅から歩いて行く場合はそこそこ距離があるため、雨具は用意しておいた方が良いです。

 


どうしてもテントに入りたければ予約しよう。予約できないなら午前中に行けば大丈夫


テント内で確実に座るには予約必須。ただし、予約は結構早くから埋まるうえにドイツ語必須(そもそも団体じゃないと…)。なので、みゅう等でテントの予約込みのツアーを申し込むのが楽…なんだけど、このツアーは初日は設定がなく、2日目からの週末のみ。なのでそこを狙っていくか、もしくは並ぶこと覚悟で予約なしで行くのも手(ぼくは同行者と現地集合現地解散だったため利用できなかったけど、午前中ならかんたんに座れた)。

なお仮に入れなくても雰囲気は十分楽しめる。

ぼくらは10時すぎに行ったら余裕で座れたので、早い時間から行けば問題ないかな?というところ。

参加する日は観光しようとか思わないで、「オクトーバーフェストを楽しむ」日にしてしまうことをおすすめしとく。

 


f:id:kinako_yuta:20180925114512j:image

テント内のようす。人でいっぱいに見えるけど、席は案外空いている。「Frei」と書いてあるところは空席なので適当に座って良いみたい。また、時間の区切りがある席もあった。

 

お祭り気分でビールを楽しもう

テント内でビールを頼むよ。なおノンアルコールメニューもあるので、子供もok(遊園地あるし、お子様も楽しめる)。ただしノンアルコールメニューも1L。
f:id:kinako_yuta:20180925114655j:image

飲み物や食べ物は座席で注文できる。ウェイター/ウェイトレスがたくさんいるので、適当に声をかければ大丈夫。

なお、我々の入ったテントでは英語メニューの用意があり、メニュー見ながら唸ってたら持ってきてくれた。

 

で、Prost!(乾杯!)というかんじ。
f:id:kinako_yuta:20180925114916j:image

食事もおいしかったし大満足。ビールは1Lなんだけど、思ってたよりゴクゴク飲めてちょうどいいかんじ。2杯だと多すぎるけど、1杯くらいはビールが好きなら普通にいけるんじゃないかな。

なおビールは1L/10ユーロちょい(細かい金額は失念)。日本のイベントと比べたら激安!

 


f:id:kinako_yuta:20180925115049j:image

ちなみに開催初日と二日目は市内のパレードがあるよ。こちらもテンション上がるのでチラ見してから会場へ向かうといいかな?二日目の10時に会場に着くくらいの気持ちで、マリエン広場から歩いていくと、マリエン広場とミュンヘンHbf前あたりでパレードを見ることができるんじゃないかな(ぼくがこのパターンでした)。

初日はわりと大変という話を聞くので、二日目から参戦するのがよさそう。


f:id:kinako_yuta:20180925115318j:image

ちなみにパレード見てると旗をくれる。旗振りながらパレードを眺め、ビールを流し込みつつ乾杯の歌を歌いながら乾杯すれば最高ですね。とても良い体験ができて大満足!来年も来るぞ!とおもいました。

 


f:id:kinako_yuta:20180927100009j:image

ちなみに会場は遊園地みたいになっており、ビール以外の飲み物や遊具もある(有料)。ただ、何故か回転系遊具や高速回転するコースターみたいな気持ち悪くなりそうなやつばかり。どうしても吐きたいらしい。

 

会場内にはもんじゃ(隠語)の残骸は見当たらなかったけど、駅のトイレの個室では音が聞こえてたので飲み過ぎには注意!面倒だから午前中に参加して適当に切り上げるのが一番かな。