kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューに泊まった。クラブラウンジもあるよ

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 


那覇のクラウンプラザに泊まった。

 

 

 

那覇市内にあるANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューはクラブラウンジあり

 

クラウンプラザ那覇は立地的には沖縄都市モノレール壷川駅から徒歩5分程度、国際通りまでも歩いて5~10分程度の立地。ただ、中途半端さはあるかな…立地的には国際通りど真ん中のJALシティ那覇にはかなわないし、モノレールへのアクセスではメルキュールにかなわない。なので、両方ともなんとか徒歩で行きたいor車利用or最初から全部タクシーや!というタイプの人でないとアクセス的には魅力がないかも。

なおクラブラウンジがある。2017年にできたばかり。

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューの客室

今回はクラブツインルームを予約。23000円(+ボーナスポイントをちょっと購入して25000円)。

 

ベッドは普通の寝心地。

ウェルカムレターとちんすこう。

コーヒーはUCC。ティーバッグはリプトンだった。ラウンジの紅茶はTWGだったので、ただ単にお茶を飲みたいだけならラウンジで飲むのもいいのかな。

水回りは普通のビジネスホテル。

クラウンプラザといえばスリープアドバンテージ。

入浴剤とか目元を温めるやつとかハーブティーとか。実際に効果あるのかはわからないけど、うれしい。

 

クラウンプラザ那覇のクラブラウンジ

クラウンプラザ那覇のいいところは「クラブラウンジがある」こと。近所のメルキュールにはクラブラウンジがないのとは対照的(ノボテルにはあるよ)。
なおIHGはステータス持ちでもクラブフロアは利用できない。なのでわりと落ち着いた感じ。マリオット系の雰囲気とはだいぶ違う。

ラウンジにはカードキーが必要。

チェックイン時は一度レセプションに寄ってからホテルのスタッフと一緒に上がってくるかんじ。

ちょうどカクテルタイムにチェックイン。なので荷物は部屋に持って行ってもらい、そのまま飲むことにした。

甘いもの。

つまみ類。生ハムとかもある。基本的にオードブル的な内容なので、食事前にスパークリングワインでも…みたいな用途になるのかな。

泡盛もあった。あとはビール、スパークリングワイン、白、赤。安いワインだけどなかなかおいしかった。いいチョイス。

ラウンジのなかはこんなかんじ。空いてて良い。

夜景も見えるよ。ばえるかんじ。


クラウンプラザ那覇のその他施設

クラウンプラザ那覇はフィットネスジムがある。行かなかったけど。

あとはプールがあるけど、営業時期が4月~10月末。なので訪問時はNG。


良いホテルだがコスパ派には厳しいホテルかも

宿泊価格的に市内のメルキュールやダブルツリーヒルトンより高く、下手したらノボテルと変わらないくらいのこともあるので何とも中途半端。IHG系でなければ利用しようとは思わなかったかな(1度泊まってみるとかなり良いので、リピーターにはなるとは思うけど)。
そもそも那覇ってきれいで安いホテルがいっぱいあるから、寝れればいいというタイプだと外資系のホテルって選択肢に入れにくいってのはある。


IHGは万座と石垣にインターコンチネンタルがあるので、リゾートステイだとアコーよりは使いやすいかな。…リゾートだと本島北部にマリオット、サンマリーナ、ルネッサンス、リッツカールトンとある上に伊良部島(宮古)にSUIがあるマリオットに軍配が上がるんだけど、マリオットは那覇のシティホテルがないのが弱点。どちらもこなすならIHGかヒルトンがいいって感じになるんだろうか。

 

すべてノンステータスの場合であれば…そもそも外資系に泊まらないか…という感じ。

 

那覇市内でそれなりの価格でクラブラウンジが絶対欲しい!という人ならクラウンプラザはアリだと思う。

まあなんというか、那覇のホテル選びはなかなか難しいっすね。万座のインターコンチネンタルも近いうちに宿泊したいところ。