読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行関連の話とモバイルの話が中心。

とにかく安く旅行をしよう(国内飛行機旅行でおすすめの手法)


f:id:kinako_yuta:20160712121543j:image
 

夏だしどっか行きたい…行きたくない?というわけで、僕が普段からやっている、安く旅行するための手段を書いてみる。

 
 

安く旅行をするためにはまず情報収集

 
とても当たり前な話だけど、安売りの情報はすぐに掴みたい。LCCのセールもそうだし、ANAJALのタイムセールなんてのもある。さらには国際線でも代理店が航空券のセールをしてたりする。
 
 
 

安く国内旅行しよう

国内を移動する手段はいろいろ。バス、クルマ、鉄道、新幹線、船、飛行機等。今回は飛行機について。
 
 

大手航空会社を使う場合

 
とにかく先の日程を押さえること。これにつきる。
 
 
 
旅割、先得を活用しよう
これらの運賃は名前は違うものの、どちらも28日/45日/75日前に予約することにより安くなる運賃だ。払戻手数料として半額を取られるものの、LCCのセール運賃だと払戻がないことを考えれば、とりあえず抑えてしまうという手も考えられる。
また、ANA(旅割)は予約後すぐに購入が必要だが、JAL(先得系)の場合は購入期限まで予約だけで保持しておくことができる。場合によっては数ヶ月先まで待ってくれるのがありがたい。ギリギリまで購入せずにおけば、支払を分散できるため、ただ単純に購入する場合はJALの方が親切だ。
なお、この運賃は発売開始の期日が決まっており、当日に予約することをお勧めする(そのため、即購入する必要がないJALの方が優秀)。
 
さらに、人気の旅程はすぐに埋まってしまうため、JALカードANAカードを作っておき、一般会員の前の予約期間に予約するという手もある(その前に上級会員に刈られてることも多いが)。
 
 
 
ダイナミックパッケージを活用する
とはいっても、直前に行きたい!ってこともあるわけで。
 
ダイナミックパッケージANAの場合旅作という名前)は、ツアーをバラ売りしたようなイメージの商品だ。航空券は個人旅行包括割引運賃だが、ツアーと比べて
  • 直前まで取れる
  • オンラインで完結する
  • 一人でも追加料金がかからない
  • 行きと帰りの空港を変えられる(周遊可能)
というメリットがある。直前に予約する場合は特割/特便割引や往復割引といった高い運賃しか予約できないが、ダイナミックパッケージの場合は前日まで安い運賃で予約が可能だ。
また、じゃらん楽天トラベルといった旅行会社経由で取る場合はクーポンによる値引きが可能なこともある。じゃらんダイナミックパッケージは↓から。
 

 

 

 

 
株主優待割引を利用する
株主優待割引/株主割引は、株主優待券があれば株主でなくても利用可能だ。
 
ツアーやダイナミックパッケージ、先得/旅割よりもマイルの積算率が高く、日程変更が可能な株主割引は場合によっては使いやすい。
ただし、JALANAも年末年始やお盆期間は取れる席数に上限が設けられるようになった。ANAはまだ取りやすいが、JALでは出遅れるとなかなか取れない。
 
 
 
 
ふっこう割やふるさと割といったキャンペーンを探そう
これ以外には、ANAの場合は旅割のタイムセール、JALの場合はダイナミックパッケージのタイムセールが行われることがある。また、旅行会社独自のセールも。
さらに、今年は九州ふっこう割も記憶に新しい。国や自治体の予算を使ったふるさと割といったものもあり、じゃらん楽天トラベルのキャンペーンサイトや、旅行関連のニュースは常にチェックしておくべきだ
 
 
 
ギャラクシーフライトや夜更かしフライト、めざましフライトを利用しよう
ANAの場合、羽田那覇間で夏休み期間のみ(2016年は7月15日~8月31日)ギャラクシーフライトという深夜便が運航される。週6便であることに注意が必要だが、安値で販売される上に会社帰りに利用可能なので、体力に余裕があればおすすめだ。修行の定番でもあるらしい。
また、スカイマークは10月2日まで、羽田那覇と羽田札幌で深夜便を運航している。こちらも安いので利用する価値がある。
 
BA/UAのマイルを活用しよう 

BA(ブリティッシュエアウェイズ)やUAユナイテッド航空)のマイルは、JALANAの特典航空券よりも低いマイル数で取ることができる。さらにこれらの会社のマイルは実質有効期間がない!

BAは当日予約可能だったりと、条件的にはJALANAよりも有利なので、こういう手段もある。

 

LCCを活用しよう

とにかく安く行きたいなら、LCCの利用も選択肢に入ってくる。ただ、利用方法には注意が必要だ。
 
 
セールの日程をチェックしよう
たとえば春秋航空なら毎月7日に確実にセールを行うし、バニラエアなら金曜19時から行われることが多い。これ以外にも突発的なセールが行われることもあるため、そういった情報を扱うサイトやTwitterアカウント等で常にチェックしよう。
しまじろうさんのサイト。セールとかそういうのに詳しい
 
 
早めに取ればセールじゃなくても安い
大手航空会社同様、早めに取れば安いことが多いが、荷物の量や空港までの交通費、時間等を考えると大手の早期割引運賃の方が安くなることもある。よく確認しよう。
 
 
 
LCC独特のルールに注意
LCCの場合、発着空港が大手よりも不便であったり(特に成田空港と那覇空港)、悪天候やイレギュラー時の対応が悪かったり、手荷物の持ち込みや預け入れにお金がかかったり、決済や座席指定に手数料がかかる等、大手航空会社とはかなり異なる。
特に那覇空港ジェットスター以外のLCCは貨物ターミナルを間借りしたLCCターミナル発着で、空港から出るのに時間がかかる。
その辺を考えて利用するかどうかを決めた方が良い。
 
 
 

とにかく数社を見比べよう

特に航空会社に縛りが無い場合(マイルやステータス等)、各社を横断的に調べた方が良い。マイルを一切気にしないなら、JALANAだけでなく、スターフライヤー(SFJ)エアドゥ(ADO)ソラシドエア(SNA)もある。これらはANAの下請けのような状態だが、独自の運賃がでていることもあり、要チェックだ。もちろんSKYFDAも検討の価値はある。
 
また、LCCジェットスター春秋航空、バニラエア、ピーチが日本国内線を飛んでいる。こちらも検討してみるといいかも。
 
 
とりあえず国内線はそんなかんじ。あとは鉄道とバス、海外旅行(同時に国内旅行もできる)、陸マイル的な話くらい?旅行時には欠かせないホテル検索は↓。