kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

JCBカードをApplePay/GooglePay(QUICPay)に設定し、実店舗で使用して20%還元。国際ホテルチェーンのQUICPay対応状況

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 


f:id:kinako_yuta:20191002141919j:image

この施策、大変わかりにくいんだけどお得なのでいまさら紹介。

 

 

JCBカードをApplePay/GooglePayに登録して、スマホのタッチ決済で利用すると20%還元

QUICPay対応店舗で、JCBカードをひも付けたApplePay/GooglePayを利用すると20%が還元されるという神施策。


JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!
キャンペーン対象期間は2019/8/16~2019/12/15。
還元額は最大1万円(5万円の利用分)で、2020/3/10請求分から減算(還元額が請求額を上回る場合は引き落とし口座へ振込)。

 

 

やり方としてはJCBのキャンペーンサイトでカード番号を入力

対象カードをApplePay/GooglePayに登録(Androidの場合GooglePayアプリからの登録が必要)

QUICPay対応の実店舗で支払い(2019/8/16~2019/12/15)

JCBカードの方に最大1万円(5万円の利用分)還元(2020/3/10)


というもの。この還元を受けるためにはいくつかのハードルがあって、
1.JCBのキャンペーン対象カードであること
2.Apple Pay/Google Payに設定ができるカードであること
3.スマートフォンがApple Pay/Google Pay対応であり、スマートフォンによるApple Pay/Google Pay決済であること(QUICPay物理カード・QUICPayモバイルは非対象)
4.実店舗での決済であること
5.店舗がQUICPay対応であること

というかんじ。

わかりにくいんだけど、Felicaを利用してコンタクトレス決済をする仕組みのひとつがQUICPayってことみたいですね(ほかにはドコモが推進しているiDがある)。

 

今回の施策に乗るためにはAndroidの場合はGooglePayからQUICPayを設定する必要がある。

 

QUICPayは交通系電子マネーと比べると対象店舗がそんなに多いわけではないので、そこが弱点。
また、JCBブランドになっていてもキャンペーンの対象とは限らないところもちょっと難しいところ…だけど、これについては登録時にすぐにわかるので問題はない。


「ものすごい反響」のJCB20%還元、ただしJCBブランドとJCB発行の違いに難しさ(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

制度の難解さはまあ仕方ないことではある。

 

ぼくの手持ちカードだと、ビュースイカはNGでANAカードJCBはOKだった。

 

QUICPayはどこで使えるのか?

さて、今回のこの施策で問題になるのが「そもそもQUICPayってどこで使えるの?」という問題。
ホームページの使えるお店から検索すればいいんだけど…これがまたクソみたいな使い勝手なんすね。きびしい。


QUICPayの使えるお店|QUICPay

まあ、触ってみてください。罵倒したくなるとおもいます。

 

で、ぼく(あとこのサイトをご覧の皆様)が関係しそうなところでいうと…
まずはコンビニはほとんど対応。また、スーパーもダイエーとかヨーカドーとかイオンみたいな大きなところは割と対応しているかんじ。
どっちかと言うと主婦向きな感じなんでしょうか。
酒はカクヤスが利用できるのがGood.また、カクヤスは政府のキャッシュレス・ポイント還元事業対象事業者でもあるので、25%還元になりますね。


家電はヨドバシとかビックとか。ただ今回の額的にお世話になることはなさそうではある。とまあ日常生活で使うところは案外対応している模様。

 

で、このサイト的に重要なのは空港とホテル。
空港店舗はANAフェスタで利用が可能。また、成田や新千歳、関西エアポート運営の3空港も利用可能。
ホテルは結構色々あって、プリンスホテルが全店舗ではないものの利用可能(ザプリンス以上はNG)。
あとはアパホテル、ダイワロイネット(全店舗ではない)等々。
…対応店舗一覧に載っていなくても、場所によっては使えたりとかするようなので、クソ使いにくいサイトを見るしかなさそうですね、はい。

面倒だけど国際ホテルチェーンだけは書き出しておくと…

 

国際ホテルチェーンのQUICPay対応状況

がんばって調べました。ついでに、QUICPay対応かつ政府のキャッシュレス・ポイント還元対応のところも抜き出した。

 

IHG系

ホリデイイン 宮崎*
クラウンプラザ 釧路 宇部 熊本*

 

アコー

なし

ヒルトン

なし

 

マリオット

リッツカールトン 東京
マリオット 名古屋
シェラトン 宮崎 キロロ 横浜
モクシー 大阪本町 錦糸町 

 

ハイアット

ハイアットリージェンシー東京

 

ベストウェスタン

なし

*はキャッシュレス・ポイント還元事業対象ホテル(ここに載せたのは全て5%)

 

まとめ:お得に泊まろう/買おう

というわけで、対象カードを持っていてかつGooglePay/ApplePay対応であれば20%還元というなかなかのキャンペーン。さらに政府のキャッシュレス・ポイント還元も重ねることができるホテルなら25%還元とおいしいキャンペーンですね。乗れる人は乗った方がいいかなとおもいます。

ただ…政府の方はとにかくわかりにくすぎるので、正直無視して20%還元だけねらった方がいい気がする…。