kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

イタリアの高速鉄道・Italoを利用した(ラウンジ、車内設備等)

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

 

 

 

イタリアでの移動はItaloを利用してみた。

 

 

 

 

イタリアの私鉄Italoを利用した

今回はミラノ-ヴェネツィア間をイタリアの私鉄高速鉄道である「Italo」(イタロ)を利用してみた。
なお国鉄の特急に相当するのは「Trenitalia」(トレニタリア)の特急。
こちらも高速鉄道があって、列車種別としては「フレッチャロッサ」「フレッチャルジェンド」「フレッチャビアンカ」なんかがある(それぞれ停車駅や最高速度が異なる)。
また、鉄道網としてはトレニタリアの方が広く、かつ移動速度も速い…んだけど、トレニタリアは使ったことがあるし、何より快適だと言われるイタロを使ってみたくなったので今回はイタロにしたろ!ってかんじ。
イタリアの鉄道は日本とはちょっと違っていて(というか欧州の事情)、上下分離式って経営方式になっている。これは線路の保有者と鉄道の運行者が分かれている方式で、このため競合であるイタロとトレニタリアは同じ線路を走ることができ、駅も共有。なんというか、イタリアは色々大変ですね。

イタロは車両デザインがフェラーリとかまあなんかいろいろあるらしいっす。でもフレッチャロッサもかっこいいし、イタリアの高速鉄道はわりかしみんなかっこいい。

 

イタロの座席クラス

イタロは4クラス制。安い方から「Smart」「Comfort」「Prima」「Club」となっている。ただし予約変更ができない代わりに下位クラスより安いということもあり(ヨーロッパだとよくあるやつ)、おさいふと気分で選ぶといいんじゃないでしょうか。
サービスはそれぞれ差がつけられていて、

スマート

  • 安い

コンフォート

  • 座席スペースが広い
  • シート配列が1-2(スマートは2-2)

プリマ

  • より広いシート
  • ファストトラック利用可
  • スナックとドリンクサービス
  • シート配列1-2

クラブ

  • ファストトラック利用可
  • スナックとドリンクサービス
  • シート配列1-2
  • 乗車前にラウンジ利用可能
  • より広いシート

という感じで、最上級のClubのみ駅でのラウンジ利用、上級クラスのPrimaとClubのみファストトラックが付帯する。

スマートの車両。デカデカとシート種別が書いてある。

クラブはプリマと同車両。降りるのはプリマのあとになってしまうので、そのへん注意。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

ファストトラック

ファストトラックはチェックポイントを優先的に通れるサービス。ローマテルミニ駅(Roma Termini)12番線と、ミラノ中央駅(Milano Centrale)ゲートEで利用可能。正直意味あるのかどうかはよくわかりません。はい。

 

ファストトラック。確かに空いてた。なお荷物検査があるわけではなく、チケットの確認のみ。

ラウンジ

ラウンジではコーヒーとかが飲める。…ドイツ国鉄と比べるとちょっと見劣りするラウンジだけど、まあ元値が元値なのでこんなもんかなとは思う。場所はどこにあるのかよくわからない。とりあえずミラノとヴェネツィアにはあった。ローマテルミニもあるでしょう(入ったってブログ結構あるし)。これについては別途。

ラウンジはこんなかんじ。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

チケットの買い方

チケットの購入は単純にホームページで買えばOK。スペインのRenfeのようなガバガバホームページではなく、結構しっかり作りこまれたページなので、英語苦手でもなんとかなるかんじ。また、Italoはアプリの出来も悪くないので、スマホだけで完結させることもできる。
乗るときはEチケットを印刷するなり、スマホの画面を見せればいいので楽ですね。ちゃんと日本のクレジットカードで決済もできたし、とてもラテンの国のウェブシステムとは思えない出来。クソみたいなシステムだと代行業者をはさむ意味もあるけど、Italoに関しては直接予約で問題ないとおもいます。


と前置きはこれくらいで実際に乗ってみた。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 なかなか快適だったかな、というかんじ。