kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機はあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。

Huawei P9を数日使って感じたこと

ご祝儀期間も終わったのでまとめてみる。

 

Huawei P9のいいところ

カメラが良い

以前書いたとおり、なかなか良い。特に暗いところの表現がとても良いと感じる。この感覚はGalaxy Note7ではなかったので、カメラに関してはこちらの方が好き。シャッターキーがあればなお良かったのに。


f:id:kinako_yuta:20160920090801j:image


f:id:kinako_yuta:20160920090944j:image


f:id:kinako_yuta:20160920091033j:image

 

外装の高級感

価格の割にはとても良い。親には高級機と間違えられた。

 

ストレスフリーな動作

とても快適に動作する。何をさせてももたつくことはなく、ハイエンド機から乗り換えても全く違和感がない。

 

スクリーンキーの調節機能

スクリーンキーの配置を調節できる。他社製の配置に慣れていても入れ替えが可能なのは嬉しい。また、通知エリアを引き下げるキーを配置することも可能で親切…と思いきや、ショートカットへアクセスするには画面上部のタップが必要で中途半端だ。


f:id:kinako_yuta:20160920130205j:image

入れ替え可能。

 

わかりやすい通知エリア

通知エリアを引き下げると、時系列で通知が並び、とてもわかりやすい。これはとても良い。Android標準にしてほしい。

 
f:id:kinako_yuta:20160920212108j:image

時系列で通知を表示してくれる。これが案外便利。

 

指紋認証

僕は使わないけど、指紋認証機能がある。必要な人にも安心だ。

 

 

 

Huawei P9のイマイチなところ

概ね満足できるんだけど、ちょっと首を傾げるところもあった。その辺をまとめてみる。

 

 

カメラの起動が気軽ではない

ロック状態からだと音量の-ボタンを二回押すとカメラが起動する。しかし、ロック解除されている状態(使用中)だとこれが使えない。

Galaxyだと何処からでも起動するし、Xperiaもシャッターキーを押せばカメラが起動することを考えると、カメラがウリのスマホとしては片手落ちだと言わざるを得ない。画質はいいんだけどね。

 

 

スクリーンショットに音は必要か?

スクリーンショット撮影時、音が鳴る仕様なのが大変残念である。盗撮云々ならカメラ作動中はスクリーンショット撮れないようにすればいいだけの話だし、なんだかなぁ。

 

 

 文章のカットの挙動がおかしい

自分で入力した文を選択してカットを選択したとき、選択範囲外の右側の一文字だけ消える。そのまま貼り付けるとちゃんと選択した文が貼り付けられるため、カットがコピー+右側一文字消去になってる?ちょっと変な動きをしている。僕の個体だけって可能性もあるけど…?なのでコピーのみ使っている。

 

 

ホームアプリがイマイチ

差し替えろって話なんだけど、ホームアプリはよくあるデスクトップ+アプリ一覧って組み合わせではなく、アプリ一覧しかない感じ。いじればいいんだけど。

 

 

 微妙にパチモノ臭い外装

薄くて角丸になっていてもちやすい…はずなんだけど、微妙に持ちにくい。手に汗をかかない冬は確実に滑り落としそう。

なんというか、この形状ならもう少し厚みを持たせた方が指が引っかかりやすいのになぁという感じ。

あと、感覚的な問題で中国メーカーっぽい見た目だなぁというのを感じる。価格以上の高級感はあるから、後一歩何かが足りない感じ。

 

 一応書いておく、FeliCa非対応

モバイルSuica等には非対応。どうでもいいんだけど、使ってる人は乗り換えの選択肢には入れにくい。まあ2台持ちすれば良いと思う。安いし。

 

非防水

気をつけて使おう。

 

 

性能十分、価格以上の高コスパスマホ

性能的にも問題なく、他社よりもとがった部分もあり、そのわりに安い。目立った弱点がなく、万人受けする仕上がりだと思う。

とはいえメーカーが中国のファーウェイということもあり、人に勧める際はちょっと注意が必要なこともあるものの(色々疑惑もあるし信用していない人は本当に嫌がる)、多くの人は満足できる使い勝手だと思う。

 

楽天モバイルでは半額セールを行うこともあり(僕が買った二日後にセールを始めた楽天…)、3万円台で買えることもあるかと思うが、その価格帯のスマホとしては破格の性能と機能だ。

 

イマイチなところは色々書いたとはいえ、この辺は個人の感性によるところや割り切ってしまえば問題ないこともあり、とにかく一度触ってみた方がよい。僕は満足している。