kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Titanium, accor-Gold,IHG-PLTAMB。訪問国数:23ヶ国25地域

UA ANA国内線特典航空券の制度変更とエクスカーショニストパーク(UAでのANA利用)

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


f:id:kinako_yuta:20190324193927j:image

UAのエクスカーショニストパークで発券したのでメモ。

 

 

 

 

UAでのANA国内線特典航空券の制度変更(いまさらな話)

従来2か月先までしか取ることができなかったANAの国内線特典航空券。UAだとさらに21日前までに取らなければならなかった(緊急発券手数料のため)ため2か月前~21日前の間に手配する必要があった。しかしANA側の制度が変わり、2018年10月28日より年2回(1月と9月)の一斉発売日に取ることができるようになったためANA国内線とエクスカーショニストパークの組み合わせた予約が使いやすくなった。


エクスカーショニストパーク

エクスカーショニストパークは「往路出発地と復路到着地が同じエリアの場合、追加マイルなしに別エリアの同クラス片道の特典が手配できる」という制度(パークはperk=特典とかそんな意味)。

たとえば4月の東京-札幌、9月の大阪-福岡を同時に取る場合、さらに間の8月にマドリード-フランクフルト(ルフトハンザ運航)、のような旅程を無料で入れることができる制度(これも通常の特典と同様に乗継可能)。ナンデ!?ってなるけど、本来の意図を考えればまあ理解できる。

本来は東京-北京、上海-東京の合間に北京-上海を入れて、実質的にストップオーバー(24時間以上の途中降機)を入れて周遊できるようにしてあげよう、という制度なんだけど…何故か(ルール的にはあたりまえなんだけど)日本国内線の往復の間に入れることができるんすよね。で、日本国内線というのはUAマイルのおいしいところの一つ。往復だと10000マイルだけど、最大3区間ずつ乗れる(19年11月15日から制度変更が予定されているため、最新情報に注意)。


ユナイテッド航空が特典航空券の必要マイル数を変動制に、ハイシーズンは必要マイル数がアップ - やじり鳥

やじり鳥さんの記事を貼っとく。

 

今回はUAでのANA国内線特典にエクスカーショニストパークを使って、お盆の旅行の発券地移動を手配した(FSCだと片道の航空券って高いんすよね)。欧州某所から欧州某所への移動なんだけど、この特典をUAから普通にとろうとすると12500マイルが必要(距離による)。なのにANA国内線を前後につけると欧州内なら10000マイルで手配できて、しかもANAの国内線もついてくる!というお得仕様。アイスランドやイスタンブールも欧州扱いなので、この間を移動する場合めっちゃお得ですね(一番はアフリカらしいけど、アフリカには興味がないのでどうでもいい、ロシアはS7やSUは片道でも値段が大きく変わらないためメリット少ない)。

で、なんでANAの制度変更とエクスカーショニストパークの使い勝手が関係あるかというと…。


復路の日程を思いっきり先にできるようになって、ANA国内線変態発券+エクスカーショニストパークができるように

従来はANA国内線でエクスカーショニストパークを利用しようと思っても、2か月先までしか予約ができなかったため、ANA国内線とエクスカーショニストパークの組み合わせはちょっと難しかった。2ヶ月前とかそんな切羽詰った段階まで国際線の予約をしておかないのってちょっと怖いよね(別のマイルで予約しとくって手はあるにせよ)。なので、近距離国際線と組み合わせるしかなかった。
ところが新制度ならわりと先のほうまで予約可能(2月頭には10月下旬まで予約ができるようになるかんじ)。この変更により、ANA国内線とエクスカーショニストパークの組み合わせが現実的なものになった。ありがたいっすね。
で、ANAの国内線といえば変態発券。これとも組み合わせができるようになったので、うまいこと使える人は使えるんじゃないかなとおもいます。


で、なんでこの話を今書くかというと・・・この件。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 


そう、マリオットの上級会員ならUAシルバーになるので、緊急発券手数料も割り引かれるからより使いやすいって寸法(手数料自体はとられるから、発券手数料取られないように手配したほうがいいのは間違いない)。UA特典のほうがANA特典やBA特典より使いやすいシーンは結構あるので、うまいこと組み合わせて使うといいんじゃないでしょうか。