kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Titanium, accor-Gold,IHG-PLTAMB。訪問国数:23ヶ国25地域

【搭乗記】AY74 Y→C NRT-HEL フィンエアーでヘルシンキへ【インボラ】

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

今回はフィンエアーを利用した。

 

 

AY74 C フィンエアーのエコノミーコンフォート転じてビジネス

 

以前利用したのと同様に、今回もエコノミーコンフォート…と思いきや、インボラ※されてビジネスクラス。

自社(JL)より他社(AY)から厚遇されてる感のあるJL-DIA、なんか世知辛いっすね。

 

シートはヘリンボーンタイプ(進行方向に対して直行ではなく、斜めに配置されている)。SS3とちょっと似てるけど、アレより進行方向に向いてるかな?

中二席は座るとこんなかんじ。隣は見えないのであんまり気にならない。モニターは常に出しておいていいようだったけど、モニター出してるとクッソ狭苦しくなるのであまり使わなかった。

アメニティはマリメッコのポーチに歯ブラシ、アイマスク、ボディーローションリップクリーム、耳栓。あとスリッパ。エコノミーコンフォートのアメニティの歯ブラシや耳栓にはカバーがなかったけど、こちらはカバー付きで少し品質が良いものだった。

…ポーチの糸くずはあいかわらず。いいんだけどさ。

読書灯とコントローラー。ゲームとかできそうなボタンがあるのに、何もなかった。

IFEはぬるぬる動く最新型。エコノミーだとサービスの順序とか食事メニューとかいろいろあったけど、ビジネスは簡略化されている。

 フィンエアーのビジネスクラスの食事

フィンエアーの食事メニューは↓こんなかんじ。

なお、これとは別にワゴンで甘いものとコーヒー紅茶を配ってたりしていた。

地上にいるときに出てきたオードブル。これはおいしかった。

前菜。


f:id:kinako_yuta:20190210022342j:image

食事。ちょっと足りないくらいだったけど、チーズとかその辺で各自調節、的な?ワゴンでスイーツも配布していたので、その辺合わせれば足りないってことはないっすね。

 

 昼行なら満足できそう

というわけでフィンエアーの長距離ビジネスに乗ることができた。無料で乗っといて文句言うなってのもあるけど、それはそれとして…。

エコノミーコンフォートに比べたら当然快適だし、成田の降雪による遅延で機内で4時間くらい缶詰になったため、ビジネスクラスで良かったというのはとても思う。

ただ、それはそれとしてシートとしては微妙。フルフラットにしても足元がかなりせまいし、個人的にはSS3にも劣るシートだと思う。SS3は狭くても足が拘束されているような感覚はないけど、フィンエアーのビジネスは足が動かしにくい。また、そのせいで寝返りがうちにくい。座席の右側(画面のヒンジがある方)が前の座席があるから手前にせり出しているんだけど、これが寝返りを阻害しているかんじ。また、横になりながら画面を見る…みたいなことをしたい場合、画面を出してしまうと膝を立てることができない(リラックスポジションでもできない)。同路線ではJALとフィンエアーが飛んでいるけど、ビジネスクラスならJALの方が良いかな…と思った。各クラス乗ることができたので、別途比較記事を書きたいところ。

 

ちなみに何故ビジネスクラスになったのか?というのはいくつか予想が付く。

  • ワンワールドエメラルド(JL-DIA)
  • エコノミークラス満席(これは大前提として)
  • 前回搭乗時、IFE不具合で座席を移動している
  • 前回搭乗時、↑の対応としてクーポンを貰っているが、それで機内販売を購入している

あたりかな?どれが効いてるのかは中の人ではないからわからないけども…。

 

ちなみにサービスは結構きめ細かい。エメラルド向けの挨拶に飲食の配布(飲み物切れると飛んでくる)、このあとの乗り継ぎ失敗が確定したら地上からの「この便に乗れ」って指示も伝えに来てくれるし(別途アナウンスあったのでたぶんビジネスだけ)、なかなかいいかんじだった。座席はともかくまた乗りたいかな。

 

※:インボラ=航空会社都合でされる座席クラス変更