kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

ロンドン市内まで15分で出れる空港アクセス鉄道・ヒースローエクスプレス(Heathrow Express)の1等を利用してみた

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

 

ヒースローでは悪名高いヒースローエクスプレスを利用してみた。

 

 

 

はやいけど高すぎる空港アクセス・ヒースローエクスプレス

ヒースローエクスプレスはロンドン・ヒースロー国際空港(LHR)から市内のパディントン駅を結ぶ鉄道。どのターミナルからもおよそ20分程度(ターミナル2・3からは15分程度)で市内まで到着できるのが魅力…なんだけど、クソ評判が悪い。その理由は


・パディントン駅で乗り換えが必要
・高すぎる
・自由席なので着席できるとは限らない
とまあ散々なかんじ。

 

 

で、肝心の料金は…料金体系がちょっと複雑で、
片道の場合、通常料金は25ポンド(スタンダード)で、オフピーク時は22ポンド、往復だと37ポンド。
ビジネスファーストクラスだと片道32ポンド、往復55ポンド。
で、割引のチケットが回数券とか○日前購入で割引とか山ほどあるんですねこれが。
オンライン専売料金として90日・30日・14日前までの割引料金の設定がある。
90日前はさすがにまだ予定が確定してないと思うけど、30日前や14日前は狙いやすいかもしれない。


f:id:kinako_yuta:20190819133432j:image

結構種類が多い…。

 

なおぼくは直前にオンラインで購入。高かった…。早期購入割引の利用を強くお勧めします。
どうせ空港から市内には移動しないといけないんだし。


ヒースローエクスプレスは速くて便利

実際に乗ってみる。改札はQRコードを読み取れるようになっており、スマホに表示させるだけでも乗車可能。

 

なお、空港・パディントン駅ともに改札があった。無いって書いてるサイトもあるけど、最近付いたのかな。
本数は頻繁に出ており、特に市内のパディントン駅では必ず電車がいるので、待つこともない。運転間隔はおよそ15分に1本で、空港アクセスとしては便利な頻度。

なお空港駅では同じホームに地下鉄線(料金は1/3程度)の車両、各駅停車タイプのヒースローコネクト(10ポンド程度)もやってくるので注意が必要。あと、同じ経路を通る各駅停車タイプ「ヒースローコネクト」は運転本数が少ないので、おとなしくエクスプレスを使った方がいいかと思う。

 

 

ヒースローエクスプレスのビジネスファースト


ビジネスファーストの車両は市内行きの場合は進行方向一番前の車両(空港行きは最後尾)。停車位置とか特に書いてないので、乗る場所を間違えると15分の乗車時間のうち車内での移動で大半の時間を使いかねない。

座席はかなり快適。また、クソ高いビジネスファーストを利用する人はほとんどおらず、ほぼ確実に座れる。


f:id:kinako_yuta:20190819133602j:image

座席はかなり快適。

 

パディントン駅。こちらも改札あり。

 

まとめ:20分くらいだし2等でいいかも

 

というわけで今回はJAL利用なのでターミナル3まで乗車した。15分間の乗車時間で往復で7000円以上かかるのはさすがに厳しすぎるので、これなら2等(スタンダード)で十分だと思う。座れなくても大した時間でもないし…。
地下鉄(Tube)を利用して空港へ向かうこともできるけど、1時間弱かかってしまうのでヒースローエクスプレスを早期購入する方が満足度が高いと思う。ぼくはこの時間差ならヒースローエクスプレスを使うかな。早期購入なら価格差も縮まるしね。

 


f:id:kinako_yuta:20190819133942j:image

ちなみに、イギリスの鉄道はとにかく保線工事が多く、そのせいで運行時間が短縮されることが頻繁にある。利用する際は運行情報にも注意。