kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

高級保養地らしいヴィースバーデンを観光する

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

ケルンからはICEで移動してきた。

 

 

 

高級保養地(らしい)ヴィースバーデン

 

ヴィースバーデンはフランクフルトからSバーンで50分くらいのドイツ人にとっての高級保養地、らしい。日本的に言えば…箱根とか熱海とかそんなあたりになるのかな。街中には温泉があるほか、カジノもあり。

ヴィースバーデン中央駅。立派な駅舎で、ここだけ物乞いがいた。

街中は重厚な建物が多い。わりと静かな街。

今回訪問したほかの街と比べると、装飾等凝ってる気がする。お金あるからかな?

宿泊したホテルから観光地である中心部の方へ。

ちょうどこの日はドイツ各地でお祭り(カーニバル)をやっているようで。

お祭りでにぎやか。

パレードしてた。

楽しげでいいですね。

 

ヴィースバーデンの温泉に入る

 

ヴィースバーデンは高級保養地であると同時に温泉街でもある。というわけで公衆浴場へ行ってみたよ。

 

カイザーフリードリヒ温泉。ローマ式の温泉がテルメ、

というらしい。ローマ帝国の威光はすごいっすね。


カイザー・フリードリッヒ・テルメ | Landeshauptstadt Wiesbaden

写真は当然撮れないので、↑でも見てくれれば。

基本的に混浴で、バスタオルとかは貸してくれるものの、持っていった方がいいかな。バスタオルだけで4ユーロくらい取られた。ビーチサンダルがあると便利(わざわざ準備するのも面倒かなとは思うけど、素足ならバスタオルレンタル→最後に床に敷いて着替えるといいかなと)。また水着は不可なので、女性で他人に裸を見られたくない人は火曜日に行くことをおすすめしとく(女性専用になる)。逆に言えばカップルでも同じお風呂に入れるという利点もある。

街中の温泉がわいてるところ。

こんなかんじ。飲めるらしいけど、誰も飲んでなかった。コップは見当たらなかったので持っていくなり手で受けるなりするといいとおもいます。

よくわからない噴水的なやつ。近寄ると湯気であったかい。

クアハウス。カジノだそうで。好きな人はジャケットに革靴でぜひ。

観光地の中心部にある教会。

ホテルへ戻る頃にはお祭りも佳境?楽しげでこっちも楽しくなる。

 

一泊したけどのんびりしたとても良い街だった。フランクフルトからそう遠くないし、宿泊費が高くて…なんて時にも選択肢に入れられそう。