kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

モスクワ半日観光。思ってたよりよかったロシア

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

モスクワ観光した。思ってたよりよかったよモスクワ。

 

 


海外安全ホームページ: 危険情報詳細

なお、モスクワは海外危険情報の「レベル1:十分注意してください」発出地域。

外務省のホームページ+たびレジ登録等で十分に情報を収集し、滞在中は十分注意を。

外務省・たびレジ

モスクワの地下鉄を堪能する

モスクワの地下鉄といえば見事な内装。なお、チケット自体は使い捨てのICカード式で、英語も利用可能な券売機で購入できる。スペインよりもずっとシンプルでわかりやすかったかな。

地下鉄は路線によるようだけど、日本の比じゃない通路の長さ&わかりにくさ。まずシェルターを兼ねているそうで、そのせいで地下深くにあるためとにかく長い。また、通路が入り組んでおりとにかくわかりにくい上に日本人には馴染みが薄いキリル文字のせいでぱっと見で行き先を判別しにくい仕様。まあ慣れればなんとか…。

ベラルーシスカヤ駅。装飾がすごいっすね。

すっげー長いエレベーター。正面に見えるのはソビエト…というか共産党のシンボルである鎌と槌。労働者と農民の団結を示す…そうな。近代的になっているロシアだけど、各所でソ連感を感じることがあった。

鎌と槌 - Wikipedia

クッソ古い地下鉄車両。また、車両の整備なのか線路側の問題なのかわからないけどとにかく揺れる。また乗客を一切顧みない加速減速をするため、ある程度の覚悟が必要。

 赤の広場の前の駅だったかな。

 

モスクワ観光のハイライト、赤の広場

まあモスクワといえば赤の広場ですね。もともとは「美しい広場」って意味だったとか。クレムリンの城壁、グム百貨店、国立歴史博物館等がある。

なお荷物検査がありました。何度か同じところ通ってたらしかめっ面だったおねーさんも笑顔で「OK!」。

立派な建物が多いので、とりあえずここ来ればモスクワ!って気分にはなれるね。写真はロシア国立博物館の入り口じゃない方。この博物館もなかなかおもしろかったよ。

広場内部からグム百貨店方面。ワールドカップ決勝翌日だったため、観戦席?があった。

グム百貨店も見て回ったけど、立派な建物ですね。まあ中は…ぼくは特に買うものはなかった。

 中はワールドカップで浮かれたかんじ。

クレムリンの出口、らしい。

教会。聖ワシリイ大聖堂、だそうな。たまねぎ頭のロシアらしい教会。

 

クレムリンに入る

クレムリンは入場券が必要で、500ルーブル。オンラインで購入可能なんだけど、武器庫行かないなら券売機でササッと買えるので現地でいいかな。

なお、クレムリンは現在進行系でロシアの中枢。色々とこう…警備員とかに対してもやっとするとおもいます(なんかすると具体的にあれしろこれしろというのではなく、笛を吹くだけとかNo!としか言わないとか。近寄るな!とか言えばいいのに)。まあ政府の敷地を見せてもらってるから仕方ないんだけどね。

大砲。

皇帝の鐘、だったかな。かけてるので使い物にならずこうなったそうな。

きっとこれやらかした人とかkなんでもない。

広場には聖堂が。どれも内装は写真撮影はできないけど、内装はとても立派で見る価値あり。これだけのためにモスクワ寄ってもいいかなとおもいます。

 

こちらは国立博物館。びっしり書き込まれててちょっと蓮コrなんでもないです。

まあ、展示含めて一見の価値あり。地下で荷物を預かってくれるよ。

まあ、こういうかんじでした。

ロシア料理・ビーフストロガノフはおいしかった

ロシア料理、期待してなかったけど美味しかった…といいたいところなんだけど、ド定番を食べてしまってなんとも言えない。こんなんうまいに決まってるからね。

昼はビーフストロガノフ。グム百貨店のカフェで食べたよ。おいしかったけど、ちょっと値が張るかな。

こんなかんじでモスクワの清々しい天気の中でビールを飲みながらいただくランチは最高だった。ロシアは公務員がこう…アレだけど、まあまた訪問しようと思ったよ。