kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAとそこからステータスマッチしたUA-PLT, Marriott-Gold, SPG-Gold。プラチナチャレンジ中

JL42 LHR-HND エコノミークラス 朝のロンドン発羽田行き

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


BA303から乗り継いでJL42へ。JL42は帰国即出社ができる弾丸トラベラーの心強い味方だね。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

kinako-yuta.hatenablog.jp

 一連の記事。

 

 

 

BAのターミナル5からJALの出発ターミナル、ターミナル3へ移動する

JL42(というかJAL便)はターミナル3発着。そのためまずはターミナル5からターミナル3までの移動が必要になる。行きと同様に紫の案内を目印に乗り継ぎをする。


f:id:kinako_yuta:20171106071008j:image

これですね(画像は行きに撮影したもの)。この案内はいたるところにあるので、わりとわかりやすい。また、朝早いせいかファストトラックでなくてもあんまり並ばなくて済みそうではあった。

 

で、ターミナル3へ。ターミナル3の乗り継ぎ用バス到着口から各ラウンジはすぐでわかりやすい。しかしJL42のゲートまでは15分くらいかかった。到着から合計すると、ファストトラック利用、早足でターミナル3まで30分+ゲートまで15分で乗り継ぎに正味45分くらい?乗り継ぎが1時間半しかないと案外忙しい。ラウンジを楽しみたいなら乗り継ぎ時間は長めに取った方がいいかな(今回はパリからJL42に乗り継ぐ都合上これより長くは取れないんだけど)。ラウンジを楽しみたい場合、BA便で帰るなりJL44で帰るなりするといいのかな。

 

f:id:kinako_yuta:20171106071034j:image

ゲート遠すぎ!ここまで15分。動きにくい靴なら20分はかかりそう。

 
f:id:kinako_yuta:20171106071056j:image

搭乗。機材は787-8(SkySuite787)。満席って話だったけど最後尾の間2席は空席で、2席分利用できた。

SS8の座席は収納スペースが多くて使いやすいね。シートポケットの手前側にもネットがふたつあるので、小物の収納にべんり。

 

 
f:id:kinako_yuta:20171106071116j:image

睡眠薬飲んですぐ寝て、残り7時間となったくらいで食事をお願いした。牛肉の赤ワイン煮込みにした。おいしい。

 

前の席の子どもが終始騒いでいたので、耳栓なかったら死んでいた…!というわけで耳栓はもっておいた方がいいですね(ダイレクトマーケティング)。

 

 

 あった方がいいです。

 
f:id:kinako_yuta:20171106071122j:image

二食目は着陸の2時間前くらい。これもおいしかった。

 

で、5時50分に着陸。酒の税関申告をしたりしてなんだかんだで6時すぎくらいには出られた。

 

JL41/42を使えば3連休だけで週末弾丸ヨーロッパ!

どれだけ疲れるかがわからずに不安だったけど、思ったよりもつらくなかった。デスクワークであればこのまま出社しても全然いけそう。というわけで週末弾丸に皆様もぜひ。

 

ロンドン以外でも、たとえば今回行ったパリなら午前中にシャルルドゴール国際空港に到着できるし、帰りも当日の移動でJL42に間に合う。都内勤務であればそのまま出社も可能なダイヤなので、「週末にヨーロッパ行きたい…」なんてことも余裕で可能。欧州行きの夜行便はJAL、ANA、エールフランス、あとはターキッシュあたりが出しているけど…メインでマイルを貯めているエアラインを利用すればいいかな。

とはいえこの中では間違いなくエコノミーについてはJALが一番快適。また、往路は搭乗者全員がラウンジを利用可能という特典もあるため、多くの人に利用して欲しいなと思った(そして他の目的地も夜行を出して欲しい…)。

 

なお普通に3連休で日本発の単純往復を取ろうとするとべらぼうに高いので、特典航空券の利用や海外発券といった小細工が必要になるのがネック(今回は片道特典+欧州発券した)。安くしようとすれば3連休+有給休暇1日、ってのが一番安く上がって現実的だとおもいます。