kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

スペインの世界遺産、トレドへのアクセス方法。電車とバス、両方使ってみて

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

トレドへのアクセス方法。結構迷った。

 

 

 

トレドへはバスか電車…なんだけど、行きはバスのほうがわかりやすいかも

最初はプエルタ・デ・アトーチャ駅でRenfeのきっぷを買おうと思ったんだけど…クレカが入らない券売機しかなく挫折。各所で書かれている「カード挿入口」が塞がれていて、何かの非接触型ICカードしか使えないみたいな感じになっていた。帰国後調べたら「Paywave」対応だそうな。

www.visa-news.jp

というわけで、これ対応のカードがあれば券売機で購入可能だと思われる。…外国人は誰も買えてなかったんですが大丈夫ですかね…?(苦情殺到でそのうち普通のカードでも買えるようになりそうではある)。

で、そのせいでカウンターは激混み。発券機で順番待ちの整理券を出してもらうんだけど、待ちの順番が半端じゃない事になっていたのであきらめ、ALSA社のバスで移動することに。

バスはプラザ・エリプティカ駅にあるバスターミナル発着。トレド行きの表示がいたるところにあるのでわかりやすい。しかしここまではアトーチャ駅から一本では来れないため、今回はタクシー利用。5ユーロ+アトーチャ駅の駐車場代程度。

 

ここ。地下鉄で来ればわかりやすいとおもいます。

バスの券売機は英語対応。わりとわかりやすいけど、券売機はちょっと並ぶかもしれない。

で、バス。これは到着後のようす。往復10ユーロ、片道5.47ユーロ。所要時間は直行タイプなら1時間、途中経由するやつは1時間半…らしい。実際には50分で到着。直行便だけでも30分に1本はあるので、直行便乗ればいいかな。本数は電車より多い。

トレドではバスターミナルを降りるとすぐタクシープールがあるので、移動にはあまり困らないかなと(トレド駅よりはタクシーが少ないので注意)。

トレドから鉄道でマドリードへ

帰りはせっかくなので鉄道で帰ることに。なお、スペインの高速鉄道はセキュリティチェックあり。そんな厳しいものではないけど、ちょっと並ぶことになる。

トレド駅。こちらは購入するのにほとんど時間がかからなかった。

Avant、というらしい。所要時間30分、ノンストップでアトーチャ駅直行。

まあ普通の列車です。本数が多くなく、時間によっては1~2時間に1本程度、12.9ユーロ。

 

バスと電車、どちらを選ぶべきか

出発地点によっては下手したらバスのほうが早い…けど、おすすめとしては「日本からAvant(高速鉄道)を予約しておくこと」。まあそれが一番安心かな。もしくはトレド半日観光みたいなツアーでもいいかもしれない…けど、個人的には一泊してほしい。

現地行ってからトレドに行ってみようかな?と思った場合はバスでいいかと思う。バスもそんなに悪くなかった。やすいし。

 

トレドはいいところなので、ぜひ行ってほしいところ。