kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行します。2日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-PLT, SPG-PLT, accor-Gold。訪問国数:20

【宿泊記】メルキュールホテル沖縄那覇に泊まった。モノレール利用なら便利

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ

 

メルキュール沖縄那覇に泊まった。なかなかよかったよ。


f:id:kinako_yuta:20180908205702j:image

 

 

メルキュール沖縄那覇は壺川駅前で空港からのアクセスが便利なホテル。奥武山公園に用がある人にも

 


メルキュール沖縄那覇はゆいレールの壺川駅そば。壺川駅は立地的には奥武山公園の対岸であるほか、当ブログでもネタにした「漫湖(まんこ)」の下流に当たる。

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

国際通りまではちょっと距離があるものの、駅の目の前なのでゆいレールでの移動は楽々。また、クラウンプラザが近い。

 

 この辺。

メルキュールは国際ホテルチェーン「アコーホテルズ」の中級ブランド。上級ブランドの「ノボテル」は日本にはない…と思いきや2018年9月に「ノボテル沖縄那覇」が完成したので、もう少しいいグレードに泊まりたい方はそちらへどうぞ。

 

 

 国際通りまではタクシーが便利

 

歩いて観光するには国際通りまでちょっとあるので不便だけど、タクシーに乗ってもそんなにかからないので、タクシーがおすすめ。ホテル出てすぐのところがタクシープール。

なお、ゆいレールを起点に観光するならベストな立地。

いままで泊まった中で言えば国際通りのど真ん中にあるJALシティ那覇や平和通商店街を抜けた先にあるハイアットリージェンシーあたりと比べるとゆいレールを前提とすれば便利。

 

メルキュール沖縄那覇のレストラン「ラ メール」はランチ営業のみなので、夕食は必ず表に出ないといけないのが…まあ弱点と言えなくもない。ぼくは基本は表で食べるからいいけど、同行者がいるとあんま出歩きたくないこともあるし、一人で泊まる人向けな気がする。

 

 メルキュールホテル沖縄那覇の客室(デラックスキング)

もともと予約していたのはスタンダードダブルルーム。アコーゴールドの特典として客室アップグレードされ、最上級グレードのデラックスキングになった(スイートがないためこの部屋が最上級)。なんちゃってアコーゴールドでここまでアップグレードしてくれたのはこのホテルが初めて。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 ちなみにアコーゴールドは言い方は悪いけどお金で買える(めぼしい特典はウェルカムドリンクとアーリーチェックインorレイトチェックアウト、客室アップグレード程度なんだけどね)。


f:id:kinako_yuta:20180908205410j:image

アップグレードされて最上階の一番いい部屋になった。広さは十分で、窓が二枚と贅沢な部屋の構成がうれしい。なお床の模様が気持ち悪い感じになっているけど、これはブログ側で圧縮がかかってこうなっているだけで、実際はこんな気持ち悪い感じではないです。

 


f:id:kinako_yuta:20180908205452j:image

デスク。電源もあって使いやすい。

 


f:id:kinako_yuta:20180908205523j:image

キングベッド。これはとても良い寝心地だった。メルキュールは寝心地がいいホテルが多い気がする。


f:id:kinako_yuta:20180908205537j:image

レンタルスマホ「handy」あり。

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 まあ個人的にはあんま魅力を感じないサービス。


f:id:kinako_yuta:20180908205552j:image

ベッドからは那覇市内がよく見える。


f:id:kinako_yuta:20180908205600j:image

なお風呂はよくあるユニットバス。まあこの辺は普通のビジネスホテルってかんじ。

 


f:id:kinako_yuta:20180909123955j:image

アコーゴールドの特典であるウェルカムドリンクは、レストランが朝と昼しかやっていないため、そのあとにチェックインすると缶や瓶のドリンクからの選択式になる。ペリエやビールもあるのが優秀。フランスのチェーンだからペリエ置いてるのかな?

 

 

まとめ:アップグレードがあればコスパよし。モノレールを起点に観光するなら便利


というわけで、アップグレードのおかげでいいかんじでした。

 


ただ、那覇の場合4000~5000円程度で便利な立地の清潔なホテルが取れる。それらのホテルと比べると、倍以上の価格差がある(今回の宿泊料金は割引なしだと13000円、同じ日の一人宿泊だと12000円)。

正直その分の価値があるか?と言われると結構微妙で、部屋の広さにこだわりがないなら高いだけと感じてしまうと思う(アップグレードされればもちろん良いのだけど)。

特にアコーは上級会員としてのベネフィットもあまり大きくない+ポイント等のキャンペーンもそんなにないため、「どうしてもここじゃないといけない理由」に乏しい。まあレイトチェックアウトしたいとか明確な理由があるならいいけど、そうでないなら上級会員へのベネフィットが多い他のホテルを優先して選ばれそう(実際のところ、ぼくも那覇市内にマリオット系があればそっちを選ぶと思う)。

たぶんそのせいだと思うんだけど、国際ホテルチェーンの中では低価格で泊まれるのはいいところ。

今回の宿泊ではアコーのポイントが貯まっていたため、40ユーロ分の割引を効かせることができたためさらに安く宿泊ができた。まあこの価格なら満足かな。このアップグレードが頻繁にあるなら泊まりたいかんじ。アコーの上級会員なら泊まる価値があるし、ぼくはまた泊まりたいと思った。

 

なお滞在中、日本人の姿はスタッフ以外一人も見かけなかった。中国人の団体利用がとても多いようなので、そのおかげでアップグレードも気前がいいのかもしれない。

 

ちなみに国際通りまではタクシーでもだいたい600~700円程度なので、複数人なら気軽に使える。今回はレンタカー借りてたのにタクシー使いまくった。