kinakoの便所の落書き

飛行機、旅行、モバイルの話が中心。飛行機やホテルはあくまで手段であって目的ではないというスタンスで旅行したいんだけどコロナのせいでめちゃくちゃ。2~4日に1回のペースで更新(たまに毎日)。JL-DIAと Marriott-Platinum, accor-Silver,IHG-PLTAMB, Hyatt-Globalist。訪問国数:23ヶ国25地域

2019年まとめ記事:ホテル編 一番よかったホテルはどこか

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


f:id:kinako_yuta:20191216153656j:image

今年もぼちぼち終わりということで、まずはホテル関係のまとめ記事。

 

 

2019年のベストホテルは?

2019年の宿泊数は

  • マリオット系:26泊
  • IHG系:14泊
  • アコー系:7泊
  • ベストウェスタン:3泊
  • その他:10泊程度

というわけで、合計すると60泊程度している模様。
一つのチェーンに絞れればいいんだけど、まあそううまくはいかない。行った先にホテルがなかったりとか。

で、その中で今年一番良かったホテルはどこか?というかんじ。
とはいえイビスとインターコンチネンタルを同じ土俵に上げるわけにはいかないので、いくつか題目を決めて紹介。


2019年に宿泊したホテルで最もコストパフォーマンスが良かったホテル

特に良かった二つをあげておくと

イビスサイゴンエアポート

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

安い宿泊価格でプールにルーフトップバーあり、部屋は広いということなし。難点は徒歩でのアクセスは死と隣り合わせなくらい。
JALの早朝発を利用するならぜひ泊まりたいホテル。

フォーポイントバイシェラトン函館

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

安くて朝食までついてた。すごい。宿泊日は東横インと同価格だったので、先行きが大変不安になるホテル。


総合的にとてもよかったホテル(高級ホテル)

よかったホテルはたくさんあって絞りきれなかったけど…。

エクセルシオールホテル・ガリア、ラグジュアリーコレクション(ミラノ)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

めちゃくちゃよかった。高級ホテルはこうでないと。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

部屋がいいのもあるけど、バーがGood。上級会員の特典が色々あってその辺も良い。

ANAインターコンチネンタル万座リゾート

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

ここは文句なし、今年断トツでナンバーワンだと思う。結局3回も泊まってしまった…。クラブルーム推奨、ただ部屋はサンマリーナの方がいいかな。

 

食事が良かったホテル

食事だけがいいってわけではないです。はい。


ホテルダニエリ・ラグジュアリーコレクション(ヴェネツィア)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

テラス朝食「は」素晴らしい、景色だけで40ユーロ分くらいの価値。

インターコンチネンタルホテル万座リゾート

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

昼に海でハンバーガー食べたり、夜はバーでゆっくり飲んだりと懐が広いホテル。酒のこだわりが感じられるのがとても良い。

ウェスティン都ホテル京都

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

レストランのサービスが良かった。味もなかなか。


?なホテル

まあ、たくさん泊まってればイマイチなホテルにも当たりますね。

ホテルダニエリ・ラグジュアリーコレクション(ヴェネツィア)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

わかってたことだけど、クソ高くてサービスは微妙(悪いわけではないけど、値段と釣り合ってない)。
ARIAの聖地巡礼や朝食目当てでない限りはおすすめしません。


ウェスティングランドミュンヘン(ミュンヘン)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

部屋の清掃が甘かった。昨年はよかったので、巡り合わせが悪かったかな。

シェラトングランデトーキョーベイ(舞浜)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

ラウンジがやばい。炊き出し会場。ラウンジ行かないならいいかな。文句言いながらまた行くとは思う。

ルネッサンスリゾートオキナワ(沖縄)

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

混みすぎで飯も食えないほか、全体的にイマイチ。子連れ向け。あくまでもぼくにはマッチしない、の意。


まとめ:今年は良いホテルに恵まれた

というわけで、上記のような印象。今年はネガティブな印象を受けたホテルは?なホテルで紹介した4つだけで、それ以外は良い~とても良い、というホテルが多かった。ここでは紹介できなかったホテルもあるけど、全体的に欧州のラグジュアリーコレクション・オートグラフコレクションは良いホテルが多いと思う。
そして改めて感じるのがアコーのコスパのよさ(国内除く)。国内はちょっと高いので、どうしても宿泊数が伸ばせないのが難点。
マリオットは正直なところ、当たり外れがデカくてアレですね。去年もこんなこと書いた気がするけど(だから今年の宿泊はIHGを増やした)。

2019年ベストホテルチェーン:IHG

今年はどのホテルチェーンが一番良かったか?と言われるとやはりIHG。ホリデイインからインターコンチネンタルまでバランスよく備えている上に、ポイント泊がとても得。アンバサダー会員の威力もあり、来年はマリオットのステータスがゴールドであればIHGをメインに据えようかと考えている。
あと、何より沖縄の二つのインターコンチネンタルの存在が大きい。どちらも素晴らしいホテル。
ぼく程度の宿泊数(かつ、どこかに寄せきれない程度にホテルより行先重視)だと、どうしてもステータスは中途半端になりがち。
そんな中、IHGはアンバサダー資格をお金で買えるから楽でいい。

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

反対に、アコーはコスパ良いんだけど他のチェーンと同価格の場合はポイント価値で見劣りする。来年のゴールドの更新はどうするか迷うところ。必要なときにお金払えばいいかな…と思っている。

↓アコーゴールドはお金で買える。

 

 

kinako-yuta.hatenablog.jp

 

マリオットは今年結構利用したけど、当たり外れがあってなんとも…。国内はそれなりに良いんだけど、たまになんだこりゃってのがある。?なホテルの項目で挙げたのもすべてマリオット。
この辺の印象は変わらないっすね。ホテル宿泊についてはIHGの方がずっと優秀(IHGは雑なところもあるけど、宿泊についてはきっちりしていてムラがない印象)。


でもマリオットはすごくいいホテルもあるので、なんか泊まっちゃう。

 

来年の戦略は?

個人的な事情から来年はおそらく国内がメインになるので、どうしてもIHGを使うことが増えそう。
基本的にはIHGをメインに、マリオットもそれなりに使っていくつもり。
マリオットがプラチナであれば来年ゴールドになれる程度には使っておこうかなとも。

まあ、下級から上級までまんべんなく使う身としてはIHGとアコーが一番身の丈に合っているかな、というかんじ。

 

トップにも書いてあるとおり、ぼくのスタンスは

  1. すること(観光?スノボー?マリンスポーツ?)
  2. 行き先
  3. 移動手段
  4. ホテル

の順番で優先順位を決めている。なので、どうしてもまとめきれないのがつらいところ。まあ来年も適当にやっていきます。